【8/1(月)】第6回GSJジオ・サロン『富士山を考える』(地質標本館)


20160801_event

 

今年7月に「富士火山地質図(第2版)」が出版されます。富士火山は、縄文時代には爆発的な噴火を幾度も起こし、奈良・平安時代になると山腹の割れ目噴火を繰り返しました。しかし、富士火山は宝永噴火後300年静穏を続けています。本地質図を利用して噴火の歴史を解説し、さまざまなタイプの噴火を紹介するとともに、将来の噴火への備えについても一緒に考えてみましょう。また、噴火の仕組みを理解するために簡単な噴火実験も行います。もし噴火すると、富士山山麓や首都圏にはどんなことが起こるでしょうか?

期日

2016年8月1日(月)17時30分~19時30分

問い合わせ

事前に下記いずれかの方法にてお申し込みください。(対象:高校生以上、先着順20名程度)

Emailでのお申し込み:geo-salon(a)aist.go.jp
 ※(a) 部分を@(半角)に置き換えて下さい。
お電話でのお申し込み:029-861-3754(9:00~17:00)

お申し込みの際には、以下をご連絡下さい。
・お名前
・電話番号
・メールアドレス

そのほか、ご不明な点は上記Emailまたは電話にてお問い合わせ下さい。

くわしくはこちら

アクセスマップ

茨城県つくば市東1丁目1-1