あじさいバナー左
あじさいバナー右

 

雨引観音(桜川市)

石段の上には県指定の文化財である仁王門。その脇にはあじさいが美しく咲き誇っています。

石段の上には県指定の文化財である仁王門。その脇にはあじさいが美しく咲き誇っています。

安産・子育ての霊験あらたかな寺院

聖武天皇と光明皇后の安産祈願が成就してから、安産・子育てのご利益が名高い雨引観音。今も安産や、生まれた子供の健康を願う家族客が多いのが特徴です。また、6月上旬から7月中旬には美しいあじさいが境内に咲き誇ります。約40年前、「梅雨の時期でも参拝客の心を晴々とさせたい」そんな思いからあじさいが植えられ、今では約10種3,000株にまで増えました。この時期に行われる「あじさいまつり」には、毎年多くの観光客が訪れます。
本尊の観音像は国の重要文化財に指定されています。

土産処と食事処でも健康祈願

安産祈願のお守りや腹帯はお土産として大人気。この他、名物「観音煎餅」や地元産の手造りジャムなども販売されています。また、2012年にオープンしたばかりの「薬膳中華茶坊 三笠」では、ウコンや蓮の実などの中薬を食材にした医食同源の中華料理を食べることができます。腕を振るうのは、有名ホテルで料理長を務めていた袖山博明さん。本格中華ながら価格はリーズナブルなため、雨引観音の新しいスポットとして人気上昇中です。

雨引観音あじさい祭(桜川市)

毎年6月10日~7月20日 8:30~17:00

6月上旬頃から7月中旬頃にかけては、西洋アジサイやガクアジサイなど約10種3,000株のあじさいが、境内やその周囲を埋め尽くし、色鮮やかに彩ります。
毎年6月10日から7月20日まで「あじさい祭」が開催され、多くの見物客で賑わいます。
※日程は変更になる場合がありますので、お出かけの前にご確認ください。

フォトギャラリー 〜あじさい編〜

まるわかり情報

雨引山一円は、サクラの山ならではの景観。3月上旬~4月中旬、約3,000本(カワヅザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラほか)が、境内を彩ります。

自由に境内を歩いているクジャク。ときに美しい羽を大きく広げて観光客を喜ばせます。

雨引観音を代表する「安産御守」。お札とお守りがセットになっています。

インフォメーション

所在地 〒309-1231 茨城県桜川市本木1
問い合わせ先 雨引観音
TEL:0296-58-5009
FAX:0296-58-5852
利用可能時間 8:30~17:00
休日 無休
駐車場 500台
アクセス
  • 【車】北関東道「桜川筑西IC」より15分、または、常磐道「土浦北IC」よりR125経由で45分
  • 【電車】JR水戸線「岩瀬駅」からタクシーで10分
ホームページ http://www.amabiki.or.jp/
ファンクラブ特典 絵馬堂売店5%OFF

桜川市についてはこちら

地図

 

茨城のあじさいスポット