保和苑

ほわえん

県央

水戸市

 水戸市にある保和苑は、徳川光圀公(水戸黄門)が寺の庭を愛されて「保和園」と名付けられたことが始まりと言われています。
昭和初期には地元有志により、拡張整備されて純日本庭園になり、名前も「保和苑」となりました。
 昭和25年、桂岸寺より水戸市へ移管されたことにより、昭和36年、地元と市による「保和苑周辺史跡観光連絡協議会」が発足し、運営されています。昭和30年代、苑を拡張してあじさいの植栽が行われました。
初夏になると、1.5haの敷地に、約100種6,000株のあじさいが咲き競い「水戸のあじさいまつり」が盛大に開催されます。

Information

  • 所在地・問い合わせ先
    所在地

    茨城県水戸市松本町13-19

    問い合わせ先

    (一社)水戸観光コンベンション協会

    ホームページ

    http://www.mitokoumon.com/festival/ajisai.html

  • アクセス
    電車・バスで
    JR「水戸駅」北口バスターミナル7番乗り場から「栄町経由茨大・渡里」行に乗車し
    「保和苑入口」下車後(乗車時間:約15分運賃:240円)徒歩約4分。
    車でのアクセス
    水戸ICから国道50号を水戸市街方面へ。
    大工町交差点を茨城大学方面へ5分
    駐車場
    桂岸寺駐車場(有料)
  • 時間・定休日・料金・利用予約
    定休日
    年中無休
    料金
    無料
  • その他備考
    ペット同伴
    備考
    ※水戸のあじさいまつり期間中は臨時駐車場あり。
最終更新日時は2019年02月28日です。
最新の料金等は各施設にお問い合わせください。

関連動画