偕楽園(水戸市)梅の名所として有名な、徳川家ゆかりの日本の誇る名公園

金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられる偕楽園。1842年、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として造園されました。好文亭も斉昭自ら設計したものです。