歴史深い建物

茨城県の西部に位置し、石材加工が盛んな真壁の町は、戦国時代に真壁氏によって造られた城下町が起源となっています。それから約400年間、変わらない街並みを残すこの町は、その繁栄を象徴する見世蔵などを中心に、近代に至るまでの伝統的な建造物が数多く残されています。歴史的な建物と現代生活の調和を図りながらたたずむ真壁。美しい街並みの中には登録文化財に認定されている家も多く、観光客の目を楽しませてくれます。

メニュー

真壁のひなまつりトップページへ
歴史深い建物sepia
おいしい名物
いろいろなお土産

 

真壁伝承館

真壁の歴史や文化の中心地となる真壁伝承館

真壁の歴史や文化の中心地となる真壁伝承館

国の重要伝統的建造物群保存地区内に位置することから、真壁の町並みに調和した建物として建築された真壁伝承館。公民館や図書館、歴史資料館などのさまざまな機能を併設した複合施設となっています。期間中、木〜日曜は「真壁街並み案内ボランティア」が常駐していますので、街案内をお願いすることも出来ます(予約優先)。

真壁が最も栄えた江戸時代の歴史もここで学べます

真壁が最も栄えた江戸時代の歴史もここで学べます

真壁伝承館が建っている場所にあった陣屋の資料も

真壁伝承館が建っている場所にあった陣屋の資料も

真壁街並みボランティアさんと一緒に街散策を♪

真壁街並みボランティアさんと一緒に街散策を♪

 

潮田家住宅

真壁地区で最も最初に文化財登録をされた潮田家

真壁地区で最も最初に文化財登録をされた潮田家

真壁町のほぼ中心に位置する潮田家住宅は、江戸末期には呉服・荒物・雑貨商を営んでいた名家。明治時代にはその業績を一段と拡大し、「関東の三越」と呼ばれるようになりました。真壁では初めて登録文化財として認定された町家で、歴史を感じさせるその重厚な外観を誇るその建物は、道行く人々の目を引いています。

平成11年登録で、その証となる真壁石のモニュメント

平成11年登録で、その証となる真壁石のモニュメント

呉服屋として栄えていた当時の商品も展示中!

呉服屋として栄えていた当時の商品も展示中!

重厚な作りは2階の窓の格子などからもうかがえます

重厚な作りは2階の窓の格子などからもうかがえます

 

星野家住宅

真壁の伝統的な建築様式を踏襲している星野家

真壁の伝統的な建築様式を踏襲している星野家

屋号を「諸川屋(もろかわや)」と称する星野家は、現在で6代目。江戸時代の後期に真壁へ移り住み、当時は乾物屋を営んでいたと伝えられています。端正な面持ちの外観は、伝統的な町並みを保つ重要な役割を、十二分に果たしています。建屋の正面から太陽の光が差したときの内観は、木作りの格子が美しい影を落とします。

室内に入ってくる光を調節するように格子窓が…

室内に入ってくる光を調節するように格子窓が…

店内には地元のお土産がたくさん用意されています

店内には地元のお土産がたくさん用意されています

建物の中にはいると隅々まで歴史を感じる造りに♪

建物の中にはいると隅々まで歴史を感じる造りに♪

 

メニュー

真壁のひなまつりトップページへ
歴史深い建物sepia
おいしい名物
いろいろなお土産