ワープステーション江戸 (つくばみらい市)


400年の時を越え、華のお江戸にタイムスリップ!

時代劇オープンセットが建ち並ぶ、国内でも数少ない野外型ロケ施設です。江戸時代はもちろんのこと、戦国から昭和までを幅広くカバー!お堀の太鼓橋や周囲の家々が当時の風情を演出、城郭や武家屋敷の佇まいが、来場者を時代劇の世界へと誘います。 他にも長屋、旅籠街、明治の下町通りなど、豊富な場面を整備。施設内は一般公開されているので、誰でも手軽に時代劇撮影の雰囲気を楽しむことができます。関東地方で時代劇の撮影が出来る、貴重な施設です。

ワープステーション江戸01
ワープステーション江戸

江戸時代にタイムスリップしたかのような風景の数々を堪能できます。思わずカメラで撮りたくなるような場面がいっぱい!

ワープステーション江戸02

施設内には明治時代の東京の下町を再現したエリアも。どこかなつかしい風情のある景観が郷愁をそそります。

コイのえさ

施設内の池や堀には、たくさんの鯉が泳いでいます。お子さんと施設を見て回る際には必須アイテムとなるかも!?

ワープステーション江戸で撮影されたおもな作品
  • NHKドラマ「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「とと姉ちゃん」
  • 民放ドラマ「人形佐七捕物帳」「信長協奏曲」「天皇の料理番」「仁」
  • 映画「銀魂」「曇天に笑う」「るろうに剣心」「永遠の0」

 

見る側、撮る側、それぞれココにご注目!

観光の方は、まずは施設内を散策してみてください。まるで時代劇の主人公のような気分が味わえます。好きなドラマのシーンを真似してみても面白いでしょう。一方、ドラマ映像を撮影する方は、ワープステーション江戸ならではの工夫があちこちに仕掛けられています。それぞれの配置や建具まで、じっくりとご覧ください。

1つの建物で異なる世界観を表現!

ワープステーション江戸
ワープステーション江戸

江戸時代、武士と町人の住まいは区分されていました。しかしここでは、表通りが庶民の住まう商店街かと思えば、裏に回ると武家屋敷といった具合に、一つの建物で2つの佇まいが表現されています。撮影する際は、移動することなく短時間で様々な場面を撮ることができます。どういった点が異なるのか観察してみてはいかが?

壁が取り外しできる自由自在の長屋!

ワープステーション江戸

様々な人情話が繰り広げられる、ドラマには欠かせない存在の長屋。こちらの長屋は、まるで大道具のように壁を動かして間取りを調節できる優れもの。建具にも注目してご覧ください!

合戦シーンも撮れる広大な敷地

ワープステーション江戸

騎乗しての合戦シーンも可能な、広大な敷地のエリアです。江戸城の大手門は、徳川家康が江戸に築いた居城をイメージ。その向かいには、戦闘機能を施した戦国時代の砦も見ることができます。

何でもない風景こそ貴重なり!

ワープステーション江戸

江戸郊外の庶民的な街並みを再現しているエリアです。街道筋にありそうな食事処や旅籠などの通りを表現できます。華やかさはないものの、撮影では多用される人気のエリアです。

撮影風景が見られるかも!?

ワープステーション江戸

ワープステーション江戸は「撮影施設」なので、いたるところで撮影が行なわれています。運がよければ、セット作りの行程を間近で見られる場合も!
※写真は雪が降ったセットの光景

 

ワープステーション江戸 所長 山中 一郎さんにインタビュー!

Q. 野外時代劇ロケ地として、今や全国にその名を轟かせるワープステーション江戸。最初からロケ施設として運営する方針だったのでしょうか?

「この施設は元々『歴史公園』で、2000年に時代劇ロケもできる『テーマパーク』としてオープンしたんです。その時は、地元の第3セクターが経営母体でした。ところが、開業から5年足らずで廃業となり、その後は紆余曲折を経ました。それで、2012年に当社がこの施設を買い取り、本格的な『時代劇オープンセット施設』として再オープンしたんです。今ではもうすっかりロケ施設として定着し、テレビや映画の時代劇ロケに頻繁に利用されるようになりました。でも当施設、ただ時代劇セットが建っているという訳ではありません。時代考証や建築考証にも配慮してあり、叙情的な表情に映るよう、建物の向きまで計算されているんですよ」と、所長の山中さん。今では数少ない、関東で時代劇が撮れるロケ施設として確固たる地盤を築き上げました。ロケの無い期間には、なんとプロレスやコスプレ撮影会等の様々なイベントも実施したりするとのこと!「時代劇ロケ施設という特性を活かし、地域とも共存できるような新たな取り組みを行いたい」という情熱のもと、ワープステーション江戸は今日も新しい一歩を歩み続けています。

ワープステーション江戸所長

ワープステーション江戸 所長 山中 一郎さん

インフォメーション

所在地 〒300-2306 茨城県つくばみらい市南太田1176
問い合わせ先 ワープステーション江戸
TEL:0297-47-6000
FAX:0297-57-1241
利用可能時間 9:30~16:00(最終入場15:30)
料金 【個人】大人400円 小人200円
【団体】大人300円 小人100円(団体:15名以上)
※団体は予約が必要となります。※大人…高校生以上 小人…中学生まで。※未就学児童は無料。
休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
駐車場 有り(無料)
アクセス
  • 【車】常磐自動車道 谷田部ICから約15分
  • 【電車】つくばエクスプレス 「みらい平駅」から車で10分
ホームページ http://www.warpstationedo.com
備考 撮影及び撮影準備の際に立入り通行の制限等をお願いする場合がございます。

つくばみらい市についてはこちら

地図

ワープステーション江戸