企画展「求道の画家 岸田劉生と椿貞雄」 (笠間市)


開催期間:2017年10月7日(土)〜12月17日(日)


大正期の写実絵画の異才岸田劉生(1891-1929)とその弟子椿貞雄(1896-1957)。

本展では、劉生と椿の作品や書簡など資料類を展示し、二人の絆と追い求めた写実の美に光を当てます。

「内なる美」を生み出した劉生と、「愛情の画家」となった椿の軌跡を辿ってみませんか。

 

《掲載画像》上から順に

■岸田劉生「麗子 毛糸肩掛けして人形を持つ肖像」1919年

■椿貞雄「童女像(毛糸の肩掛けをした菊子)1921年 米沢市上杉博物館蔵

■岸田劉生「猫図」1926年 笠間日動美術館蔵

会場笠間日動美術館
笠間市笠間978-4
時間午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
料金大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
休み毎週月曜日(但し10月9日は開館、10日休館)
問い合わせ笠間日動美術館
TEL:0296-72-2160

くわしくはこちら

チラシ

アクセスマップ

笠間市笠間978-4

≫ イベントカレンダーへ