いばらき女子旅ひたちなか市編

たまにはのんびり、街をめぐるのもいいものです。
ゆっくり、ゆったり、感動を見つける女子旅に出かけてみませんか?
春のいばらきには、ここでしか出会えない感動が、たくさんあります。

見逃せない感動の絶景と癒しの旅♪ひたちなかめぐり

今回の旅は、夏フェスの開催地としてもおなじみのひたちなか市です。北部には重要な拠点のひとつ・常陸那珂港を有し、大工場も置かれる商業都市。南部の那珂湊地区には、漁業や水産加工が盛んで活気溢れる魚市場もあります!今回は、そんなひたちなか市で「絶景」を探す旅に出かけましょう。

マップ

ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)

今回の旅は、車と列車でめぐる旅。というわけで、まずはじめに向かったのはひたちなか市内を走る「ひたちなか海浜鉄道・湊線」の中核駅・那珂湊駅です。JR常磐線勝田駅から乗り換え、終着駅の阿字ヶ浦駅まで全10駅、14.3kmを走るローカル線。湊線は2013年には100周年を迎える、歴史ある路線です。那珂湊駅ではパークアンドライドで利用できる専用駐車場を備えているので、市内の観光にもうってつけ。車を停めて、列車に乗り込んでゆったりと街めぐりへ出かけましょう!切符を買ってホームへ入ると、猫を発見!那珂湊駅には、有名な駅猫「おさむ君」と「ミニさむ」がいます。今回は、運良くミニさむに出会うことができました!ちなみに、ひたち海浜公園「ネモフィラハーモニー」開催期間に合わせて、阿字ヶ浦駅から無料のシャトルバスが運行されます。

5月17日(日)には「ひたちなか海浜鉄道」の開業7周年記念祭が開催!詳しくはHPへ!

5月17日(日)には「ひたちなか海浜鉄道」の開業7周年記念祭が開催!詳しくはHPへ!

スナップショット

  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
  • 女子旅 ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)の写真
ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)
所在地 茨城県ひたちなか市釈迦町22-2
電話番号 029-262-2361
駐車場 あり
パークアンドライド利用料 無料(先着約30台)
ひたちなか海浜鉄道・湊線(那珂湊駅)
ネモフィラシャトルバス:阿字ヶ浦駅〜ひたち海浜公園海浜口間
  • 運行日…4月25日(土)〜5月10日(日)の毎日及び5月16日(土)、17日(日)
  • 運行時間…湊線列車の阿字ケ浦駅発着にあわせた午前9時〜午後5時

※4月29日(水)〜5月6日(水)は海浜公園の早朝開園日にあわせ午前7時半から運行

ホームページはこちら

line

みなとパン

那珂湊駅の周辺には、昔ながらの見どころがたくさんあります。パークアンドライドを利用するなら、ぜひ駅周辺の街中散策もオススメ!美味しい海産物が勢ぞろいのおさかな市場へ向かって歩いていると、なんだか香ばしい匂いが…その匂いにつられて入ったお店は「みなとパン」です。1930年に創業して以来、地元で根強い人気を誇るパン屋さん!一番人気はアンパン。こしあんをひとつ購入して、さっそくひと口。もちっとした弾力の生地に、さっぱりした甘さの餡が絶品です!仕込んだ生地を一晩寝かせて焼くのがポイント。餡は今でも薪の火で練っているのだとか!パンを買って、近くの湊公園で見晴らしの良い景色を見ながら食べるのもよし!県指定史跡の反射炉跡や、縁結びのパワースポットとも言われる華蔵院も那珂湊駅の近くです。

アンパンはこしと小倉が。次々とお客さんが訪れ「5個」「10個」とまとめ買いされていくのに驚き!売り切れ必至です。

アンパンはこしと小倉が。次々とお客さんが訪れ「5個」「10個」とまとめ買いされていくのに驚き!売り切れ必至です。

スナップショット

  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
  • 女子旅 みなとパンの写真
みなとパン
所在地 ひたちなか市湊本町3-14
電話番号 029-262-3511
営業時間 9:00〜売り切れ次第閉店
定休日 日曜日
みなとぱん

line

国営ひたち海浜公園

街を散策したら、お次はメインスポットのひとつ「ひたち海浜公園」へ!国内有数の夏フェス会場としてもおなじみですが、ここの名物はそれだけじゃありません。誰もが息を呑むような、素晴らしい絶景に出会える場所でもあります!この春、新しい見どころが多数加わったひたち海浜公園を、堪能しましょう!爽やかな海風を感じられる公園内は、広大な敷地に7つのエリアがあります。四季折々に楽しめる花々のガーデンや、キッズに大人気のプレジャーガーデンなど。3月中旬から初夏にかけて、スイセン、チューリップ、そして広大な丘一面が真っ青に染まるネモフィラへと続く「Flowering2015」が開催中です。また、敷地内の「沢田湧水地」にビジターセンターがオープン!貴重な動植物の生態を垣間見ることが出来る観察プログラムにもぜひ参加して下さい。

スイセンファンタジーは終了しましたが、4月末ごろまではチューリップが見ごろを迎えています!4月25日〜5月17日はネモフィラハーモニー開催!

スイセンファンタジーは終了しましたが、4月末ごろまではチューリップが見ごろを迎えています!4月25日〜5月17日はネモフィラハーモニー開催!

スナップショット

  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
  • 女子旅 国営ひたち海浜公園の写真
国営ひたち海浜公園
所在地 ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号 029-265-9001
時間 9:30〜17:00(時期により変動)
休園日 5月31日までは毎日開園※期間外は月曜休園
入園料 大人(15歳以上)410円 小中学生80円
駐車場 普通車1日510円
国営ひたち海浜公園

ホームページはこちら

 

旅はまだまだ続きます