日立シビックセンター-科学館

毎日開催の「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」は 全編生解説で、より臨場感が高まりオススメです!

毎日開催の「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」は
全編生解説で、より臨場感が高まりオススメです!

有名アーティストなどが公演を行うホールや、図書館、ギャラリー、科学館が集まった多目的施設「日立シビックセンター」。市民の憩いの場となっています。中でもオススメは科学館!ファミリーで入るとお父さんやお母さんまでもが夢中になってしまう展示物が満載です。この科学館は、実際に自分の体を使って科学の世界に飛び込むことができるのが特徴。科学の不思議を体感・納得できる130以上もの展示物があります。サイエンスショーも毎日開催。また、世界に3台のみのメガスターⅡAによる天球劇場(プラネタリウム)も必見です。私たちが肉眼で見ることができない、1,500万個の恒星まで投影!リアルで迫力ある映像を楽しめるので、本当に宇宙旅行に行ったかのような気分になれます!

私たちを最初に出迎えてくれる「ロボット画伯アートン」。 ロボットが描いた絵は持ち帰ることができます!

私たちを最初に出迎えてくれる「ロボット画伯アートン」。
ロボットが描いた絵は持ち帰ることができます!

奥に進んでいるのに何故か人間が大きく見える 「マニエリスムの回廊」で錯視を体感!

奥に進んでいるのに何故か人間が大きく見える
「マニエリスムの回廊」で錯視を体感!

ミュージアムショップでは宇宙食も販売! 中でもスタッフさんのオススメはお餅。

ミュージアムショップでは宇宙食も販売!
中でもスタッフさんのオススメはお餅。

日立の冬の風物詩「Hitachi-Starlight-Illumination2012」

Hitachi Starlight Illumination2012

毎年11月末から12月末にかけて、日立シビックセンターの館外・新都市広場を中心に行われる冬の日立の風物詩「Hitachi Starlight Illumination2012」!この時期に日立を訪れたなら、ぜひご覧ください。新都市広場の中央に飾られる、高さ16メートルの天然のモミの木を使ったメインツリーが一番の見どころ。期間中の土日祝にはこのメインツリーからシャボン玉が舞い上がるシャボン・ボヤージュが開催され、より一層ファンタジックな雰囲気に浸らせてくれます。

お出かけインフォメーション

住所 茨城県日立市幸町1‐21‐1(JR常磐線日立駅前)
日立シビックセンター内(B1,8,9,10F)
開館時間 10:00~18:00(入館は17:00まで)
入館料 セット券(科学館+天球劇場):大人(高校生以上)800円、小中学生・65歳以上および障害者400円
※科学館・天球劇場いずれかの場合、大人(高校生以上)510円、小中学生・65歳以上および障害者310円
休館日 毎月最終月曜日(祝日等の場合は開館)、年末年始、その他臨時休館
問い合わせ TEL 0294-24-7731
ホーム
ページ
http://www.civic.jp/

くわしくはこちら

茨城県日立市幸町1丁目21−1
まんぼう
日立市の特産品・口福あんこうのディナーで!