国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園

茨城県と言えば国営ひたち海浜公園の名前が挙がるほどの人気スポットです。総面積350haにも及ぶ園内では、年間を通して多種多様な花や草木を楽しむことができます。冬でもチューリップが楽しめるなど、様々な工夫が凝らされています。

その他にも、自然いっぱいの園内には様々な施設があります。遊園地「プレジャーガーデン」、ディスクゴルフコース、BMXコース、アスレチック遊具、バーベキュー施設、さらにはレストランやレストハウスなどの休憩施設も完備! まさに、子どもから大人まで楽しむことができる複合施設です。

広大な敷地を活かして、大きなイベントが開催されるのも特徴のひとつ。季節の花にちなんだイベントの他、音楽やステージイベントも盛んで、日本を代表するロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の開催場所としても有名です。

2012年5月20日には、開園エリアも約30ha増えて開園面積約190haとなり、さらに見どころが増す国営ひたち海浜公園。今後も花の種類を増やしたり、花の植栽デザインをリニューアルするなど、更にパワーアップすること間違いなしです!

国営ひたち海浜公園のいち押しスポット

数え切れないほどの見どころがある国営ひたち海浜公園の中でも、編集部がオススメするポイントをご紹介します。

プリンセスフラワー

遊園地「プレジャーガーデン」のシンボル! その中に2つだけシースルーのゴンドラがあり、座席はもちろん、床まで透明になっているので、とってもスリリングです。その高さはなんと、海抜100m! まるで空中に浮かんでいるような感覚を味わえます。

料金/1回500円

大観覧車「プリンセスフラワー」のシースルーゴンドラ

サイクリング

国営ひたち海浜公園には見どころがたくさん! 効率良く回るにはレンタサイクルが便利です。徒歩では見ることができない景色も観ることが出来ます! 自分の自転車を持ち込めば、無料でサイクリングコースを走行できるのでおススメです。

料金/大人300円、小人200円(3時間レンタル)

※延長30分毎に大人50円、小人20円

国営ひたち海浜公園を自転車で満喫

グラスハウス

ガラス張りのカフェで、太平洋を一望しながら、有機栽培のコーヒーや軽食を楽しむことができます。食べ物の持ち込みも可能。夏場はクーラーが効いていることもあり、快適な避暑スポットとしても人気です。

営業時間/9:30~閉園

※シーサイドカフェは土日祝のみ営業。イベント・季節により営業する場合あり。

太平洋を一望!グラスハウス

色とりどり!季節を彩る国営ひたち海浜公園の花々

スイセン(3月下旬~4月中旬)

スイセン

松林の下に約630品種、100万本が鮮やかな色と香りとともに咲き誇ります。

チューリップ(4月中旬~下旬)

チューリップ

約170品種、27万本が咲き誇ります! 毎年恒例のチューリップアートの披露も。

ネモフィラ(4月下旬~5月中旬)

ネモフィラハーモニー

450万本ものネモフィラが平和を象徴するかのように、青空に向かって花開きます。

バラ(5月下旬〜7月下旬)

バラ

茨城県の県花。色もとりどりで豪華に咲き誇り、私たちの目を楽しませてくれます。

ジニア(7月下旬〜9月下旬)

ジニア

真夏の太陽の下、色彩も鮮やかに、大草原フラワーガーデンを染め上げます。

コキア(9月下旬〜10月中旬)

コキア

夏に見せる緑色の姿も愛らしいコキア。みはらしの丘のにて、鮮やかに紅葉します。

コスモス(9月下旬〜10月下旬)

コスモス

数十種類のコスモスが、中央フラワーガーデンにて風にそよぐ姿をご覧いただけます。

アイスチューリップ(12月)

アイスチューリップ

冬景色の中、彩りも鮮やかにチューリップが花開く元気な姿を見ることが出来ます。

お出かけインフォメーション

住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
開園時間 9:30〜17:00
休園日
月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日の火曜日)、12月31日、1月1日、2月の第1火曜日~第1金曜日
※開園時間および休園日については季節により変更になる場合あり
問い合わせ TEL 029-265-9001
ホームページ http://hitachikaihin.jp/
国営ひたち海浜公園
すたみならーめん えむず
ひたち海浜公園で、アクティブに始まったひたちなか市ドライブ! 次は茨城のご当地ラーメンに舌鼓を打ちましょう。