ハッスルツアーin常陸太田

高さ100m!長さ375m!そんな本州一のスケールを誇る竜神大吊り橋がかかる竜神峡。紅葉の季節には周囲の木々が彩られ、まるで大自然に敷かれた秋色の絨毯のよう!初夏には橋の端から端まで鯉のぼりがかけられ、真っ青な大空を泳ぎます。そんな四季折々の竜神峡を中心に、常陸太田の大自然を楽しむ旅にでかけてみませんか?

おすすめ周遊コース!観光いばらきハッスルツアー

竜神峡を中心に里美地区を回るとっておきのツアーをご紹介!とってもアクティブに楽しみましょう。もちろん、今回のツアーでは茨城が全国に誇る特産品・常陸秋そばの名店も訪れます。とっておきのスイーツに出会い、地元産の野菜と珍しいサフォーク種という品種の羊肉が食べられるレストランまで!!ぐるっとドライブしちゃいましょう。

竜神峡周辺大自然たっぷり満喫ツアー

これが定番!常陸太田セレクション10

茨城県の北部に位置する常陸太田市。金砂郷地区、水府地区、里美地区と大きく3つの地区に分けられ、南北に長い市域を持ちます。その大きさは茨城県最大。そんな常陸太田市のおすすめポイントを10個、ご紹介しましょう。

右の動画は「磯山さやかの旬刊!いばらき」平成26年7月11日放送の「竜神大吊橋バンジージャンプ」。

竜神峡

茨城百景のひとつにも選ばれている竜神峡。昔、竜が住んでいたという伝説がその名の由来のひとつ。春から秋にかけては亀ヶ淵までの約3.7kmのハイキングコースが人気です。その途中には無数の滝や淵があり、訪れる人たちを楽しませてくれます。もちろん、竜神峡にかかる大吊り橋は本州一の長さを誇ります。

くわしくはこちら

西山荘

水戸黄門で知られる徳川光圀が元禄3年(1690年)に建てさた自身の隠居所です。約13年間、光圀公はここで過ごされ、大日本史の編さんに勤めました。そんな園内には当時光圀公が年貢を納めるために耕した水田や、村民のために育てた薬草が多く植えられ、意外な一面を知ることができます。また、茅葺屋根の母屋までの道のりも風情があり人気です。

くわしくはこちら

常陸秋そば

1978年、旧金砂郷町で発見された在来種。それが常陸秋そばです。粒の大きさが均一で、大きく、そばの香り・風味・甘味に優れているとして、全国のそば名人たちがこぞって買い求める茨城県の特産品です。中でも高価なものは、ここ常陸太田市産の常陸秋そばと言われています。また、毎年11月の第一土曜・日曜には常陸秋そばフェスティバルが開催されます!

常陸太田オリジナルぶどうブランド「常陸青龍」

常陸太田市の特産品のひとつに挙げられるのが「ぶどう」です!全国2位の収穫量を誇る茨城県内においても、ここ常陸太田市は有数のぶどうの産地です。中でも、常陸太田市内の限られたぶどう農家が育てているのが、常陸太田市オリジナルブランドの「常陸青龍」!!巨峰と比べて糖度も高く、酸味が渋みが少ないのが特徴です。

くわしくはこちら(いばらきの果物狩り)

鯨ヶ丘商店街

「和暦の時間が流れる街・スロータウン鯨ヶ丘」として頑張る常陸太田市の地元商店街。古くから残る街並を活かした商店街は、ノスタルジックな雰囲気でカメラを片手に散策するには最高です!特に「坂の街」として紹介された通り、高台の上にあるのが特徴。ちょっとした路地に新しい発見がある商店街です!!

常陸太田駅

2011年、JR水郡線の愛称が清流奥久慈ラインと決まったのと同時期に全面改装で新しくなった新駅舎を持つJR常陸太田駅。西山荘をイメージした建屋には、県産素材が数多く使われています。そんな、清流奥久慈ラインでは、夏には特別列車「風っこ号」が走り、秋には「SL奥久慈清流ライン号」が走ります。

くわしくはこちら

西金砂神社・東金砂神社

延暦25年(806年)に創建されたふたつの神社。それぞれ西金砂山と東金砂山の頂上に位置し、72年ごとに大祭礼が行われます。どちらの神社も創建以来手厚い保護を受けてきたため、東金砂神社には樹齢500年を越える御神木のモチノキが残り、西金砂神社には老杉や大イチョウが今なお御神木として祭られています。

太田グルメ

実は常陸太田市は県内随一のご当地グルメが豊富にある街です。特に先に挙げた鯨ヶ丘商店街には常陸太田市ならではのグルメが数多く点在しています。地元学生たちが愛する極太うどんや、独自発生的に誕生したソースかつ丼!そして、地元では「ちまき」と呼ばれる笹団子などなど。オリジナリティ溢れたメニューが並びます!!

雪村うちわ

室町時代に常陸太田に移住してきた禅僧の僧侶・雪村が創始した今なお受け継がれる郷土工芸品です。一本の竹から団扇の柄と骨組みを作り、そこに水彩画で描いた和紙を貼っていきます。全ての作業が手作業で、完成までに33もの工程を踏みます。中でも骨組みは一本の竹を40本の均一な骨組みに分ける匠の技!光圀公も愛したという団扇です。

くわしくはこちら

ふるさとの森マウンテンバイクコース

常陸太田のマウンテンバイク愛好家たちによって手作りで作られたマウンテンバイクコースです。最大4.4kmのコースはレベルに合わせて3種類のコースに別けられます。週末には県内外から多くのライダーが集まりにぎわいを見せます。また年2回、春と秋に「うっかり八兵衛カップ」という市民手作りのレースも開催され、常陸太田市を盛り上げます!!