日本三名園!偕楽園と水戸グルメを満喫ツアー

日本三名園!偕楽園と水戸グルメを満喫ツアー

歴史の街。芸術の街。美味しい街。いろんな側面を持つ水戸市。そんな水戸を象徴するのが、偕楽園です。都市公園として世界第2位という広大な敷地の偕楽園は、2月に開催される日本有数の梅まつりが一番の見どころ。他にも、つつじや萩など、一年中花の溢れる庭園です。そんな偕楽園散策を皮切りに、今回のツアーではぐるりと水戸市内を散策します。

まずは偕楽園で観梅を楽しみ、次に偕楽園公園の一部である千波湖の畔に建つとう粋庵へ。水戸光圀公が愛したであろう懐石・黄門料理に舌鼓を打ちます。そして今度は最新現代アートの拠点・水戸芸術館へも足を運びましょう。お土産は駅ビル内のエクセルみなみで!もちろん、最後は水戸名物の納豆料理で締めくくります。

★編集部オススメSPOT

  • 偕楽園
  • とう粋庵
  • 水戸芸術館
  • エクセルみなみ
  • てんまさ

偕楽園へは水戸駅からバスがオススメ

PICK UP!偕楽園へは水戸駅からバスがオススメ♪

観梅シーズンは、JR常磐線「偕楽園駅」下車が可能になり、偕楽園へのアクセスが便利になります(※下りのみ。開設日や時刻表など詳しくはJR東日本のホームページでご確認ください)。しかし、今回オススメしたいのは、水戸駅で下車後、バスで偕楽園へ行く方法。バスは、水戸駅北口バスのりばの4番から「10偕楽園」に乗り、「好文亭表門入り口」で下車。表門から入園することで、本来の偕楽園の姿を堪能できます。

偕楽園
水戸駅からバスで目指すは、日本三名園・偕楽園!