北茨城市

プロフィール 本県最北端に位置し、北は福島県いわき市に隣接しています。市の東は太平洋に面し、西は阿武隈高地があり、大北川、塩田川、里根川などの河川が発達しています。シャクナゲの群生で知られる花園神社を中心に、新緑や紅葉の…

高萩市

プロフィール 市の85%を占める山間部に花貫川と関根川が流れ、美しい渓谷を作り出しています。紅葉スポットととして首都圏から多くの観光客の訪れる花貫渓谷や名馬里ケ淵などの名勝は、シーズンを問わず市民に親しまれています。海の…

日立市

プロフィール 多賀山地の山と太平洋と、大きな自然に囲まれたように位置する日立市は、県北地域の拠点都市として発展を遂げてきました。海岸線には伊師浜、川尻、会瀬、河原子、水木、久慈浜などそれぞれ趣が異なる海水浴場があり、漁業…

大子町

プロフィール 本県の最北端に位置する大子町は、八溝山系と阿武隈山系の山々に囲まれた山岳地方特有の自然と文化が息づいています。年間の平均気温は12~13度で、雨量も多い低温多湿の気候が、自然の恵みを与えています。町を代表す…

常陸太田市

プロフィール 南北40kmと縦に長い市域を誇る常陸太田市は、山と緑に囲まれた穏やかな自然が自慢のまちです。古くから林業が発展しましたが、独特の気候と土壌の恵みである常陸秋そばは、香り、風味で全国的に知られ、そば通あこがれ…

常陸大宮市

プロフィール 久慈川と那珂川という二つの河川に挟まれるように位置する常陸大宮市は、それぞれの清流と豊かな緑の大地が市域を包み込んでいます。アユ釣りが楽しめる久慈川やサケの遡上する那珂川ともにカヌーやキャンプ、バーベキュー…

那珂市

プロフィール 県の中央よりやや北に位置し、市の北側は久慈川が西から東へ、西側は那珂川が北西から南東へ流れており両河川の沿岸に開けた水田地帯とそれに挟まれたほぼ平坦な那珂台地から成り立っています。豊かな水源を持つ肥沃な台地…

東海村

プロフィール 北に久慈川、東に太平洋を望む東海村は、日本初の原子力の火が灯った村として全国にその名を知られています。原子力関係の施設が集中し、それに付随した原子力科学館、げんでん東海テラパークなど一般の人でも楽しく学べる…

ひたちなか市

プロフィール ひたちなか市は県のほぼ中央部からやや北東に位置し、上野駅から特急で約70分の距離です。東京-仙台を結ぶ国道6号は市の西側を海岸寄りには国道245号が通じており、ともに交通の枢軸をなすとともに、近年常磐自動車…

大洗町

プロフィール 茨城県の太平洋岸のほぼ中央に位置する大洗町。ゆるやかな浜が続くビーチは海水浴やサーフィンのメッカとなっており、県内屈指の海のレジャースポットです。サメの飼育数は日本一を誇る大型水族館・アクアワールド大洗や大…

城里町

プロフィール 県の北西部に位置し、那珂川・藤井川・皇都川などの豊かな水源と肥沃な台地を利用した稲作や園芸作物の栽培が盛んに行われており、河川では鮎や鮭の漁が古くから行われてきました。米をはじめ、レッドポアロー(赤ネギ)、…

笠間市

プロフィール 周囲を八溝山系・愛宕山系の山々に囲まれた台地が広がり、豊かな自然に恵まれた笠間市は日本三大稲荷のひとつ笠間稲荷神社の門前町として古くから発展、鎌倉時代から江戸時代にかけては佐白山を居城にした笠間氏によって城…

水戸市

プロフィール 江戸時代から本県の行政、経済、文化の中心地として発展を遂げる水戸市は、市の中心部に千波湖を抱え、日本三公園のひとつ偕楽園をはじめ、歴史文化遺産が数多く残されています。常磐線、水戸線、水郡線、大洗鹿島線などの…

茨城町

茨城県のほぼ中央部に位置し、町の東部には湖、涸沼が位置しています。涸沼は海水が流入するため、淡水魚と海水魚が共存し、良質のヤマトシジミの産地にもなっています。

小美玉市

プロフィール 常陸風土記で「常世の国」とうたわれたほど古くから人の住む土地として適していたことから古墳や遺跡も数多く残り、中世以降は寺社仏閣が建てられ、江戸時代には水戸街道の要所の宿場町として栄えました。県のほぼ中央部、…

鉾田市

関東平野の東の端に位置する鉾田市は北に涸沼、南に北浦、東に太平洋と水に囲まれた市域をもち、内陸部は平坦な台地となっています。水はけが良く、温暖な気候に恵まれた農地では、メロン栽培が有名で、味、収穫量ともに日本一を誇っています。

行方市

プロフィール 霞ヶ浦と北浦という二つの湖に挟まれた行方市は、その水際が50kmにも及ぶという水に面した市です。緑豊かな丘陵地帯は里山の風景と斜面緑地を形成し、四季を通してさまざまな農産物を生み出しています。その種類は60…

鹿嶋市

プロフィール 北浦と太平洋に挟まれた水と緑の自然が豊かな鹿嶋市は、近年サッカーJリーグの鹿島アントラーズの本拠地として知られています。ワールドカップも開催されたカシマサッカースタジアムにはミュージアムも併設され、アントラ…

潮来市

プロフィール 水郷は潮来市の代名詞。東の北浦、西に霞ヶ浦、南は外浪逆浦と水に囲まれたまちは、風情ある面影が観光客の人気となっています。市の中心を流れる前川にはアヤメ園が彩り、初夏には紫や黄色の花をめでる十二橋めぐりの遊覧…

神栖市

プロフィール 県の南東端に位置し、東の太平洋に開けた長い海岸線には海水浴場や散策が楽しめるスポットが点在しています。鹿島臨海工業地帯の造成により、日本4大砂丘に数えられた鹿島砂丘は姿を消しましたが、その面影を感じることの…

桜川市

プロフィール 真壁・大和地区を南北に連なる筑波、足尾、加波山の山塊と、北に栃木県との境を接する高峯、雨巻、富谷山を背景に、山の景色と里山の光景が織りなす自然があふれる地勢が魅力となっています。市の中心を流れる桜川は謡曲「…

筑西市

プロフィール 小貝川、勤行川が南北に流れ、全域がほぼ平坦な地形の筑西市は、肥よくな台地の恵みを受けた農業地帯となっています。稲作のほかにナシの果樹栽培、コダマスイカ、トマト、イチゴなどの栽培も盛んです。平安時代に起こった…

下妻市

プロフィール 東に小貝川、西に鬼怒川が流れ、その間にある市街地は北から伸びる洪積台地の末端となっています。小貝川沿岸の低地は「万葉集」によまれた鳥羽の淡海跡で、水田地帯となっています。下妻を代表するのは砂沼で、干拓地の用…

結城市

県の西部に位置し、ほとんどが平坦な土地で、北側、西側は栃木県です。東は鬼怒川によって、筑西市と隔てられており、独自の発展を遂げました。鬼怒川の土手では、関東平野の果てに続く山容を眺望することができ、ウォーキングや散策のビューポイントで市民に親しまれています。

八千代町

プロフィール 関東平野のほぼ中央に位置し、町域全体はほとんどが平坦地です。東に下妻市との境となる鬼怒川が流れ、中央に山川が流れ、町の東半分は水田、西側は畑地が広がっています。農作物の耕作に適した肥よくな土壌で、平地林はご…

常総市

プロフィール 中央部を貫流する鬼怒川が市のシンボルで、鬼怒川の流域に市域が作られています。鬼怒川東部の低地帯は広大な水田が作られ、西部は丘陵地帯となり、集落や畑地、さらに緑豊かな平地林をみることができます。カシなどの照葉…

坂東市

プロフィール 市の南西部が利根川に接し、南側に飯沼川、東側に西仁連川などの河川が流れている水の豊富な地域です。南端に位置する菅生沼は飯沼川と利根川の流入口が自然堤防によって閉じられて出来た沼地で、干拓事業により規模は縮小…

境町

プロフィール 五霞町、千葉県野田市と利根川を挟んで相対し、水と緑の豊かな田園都市の景観を誇っています。雄大な利根川沿いには堤防を利用した利根渡良瀬サイクリングコースが設けられ、サイクリングやジョギング、ウォーキングなどを…

古河市

プロフィール 県の最西端に位置し、栃木県、埼玉県と境を接し、「関東のおへそ」を自称する古河市。渡良瀬川、利根川が流れ、水との関わりの深い土地柄でもあります。渡良瀬川の洪水防止のための栃木県によって整備された渡良瀬遊水地は…

五霞町

プロフィール 本県の西端に位置し、古河市、境町とは利根川を挟んで位置している本県唯一の利根川右岸域の町。利根川、権現堂川、中川、江戸川に囲まれた地域で、利根川流域の氾濫原に成立した町で、江戸時代・天明年間から明治末期まで…

石岡市

プロフィール 古くは常陸国の中心地として栄え、商業都市として発展してきた石岡市は、霞ヶ浦と筑波山塊を有する歴史と自然を楽しめるまちです。霞ヶ浦の高浜入り江は釣り人たちや野鳥愛好家が訪れ、山域ではハングライダーやパラグライ…

かすみがうら市

プロフィール 西に雪入山、東に霞ヶ浦を持つわが町は山と湖の大自然に囲まれた美しいところです。 温暖な気候に恵まれた千代田地区は、果樹のふるさとして観光果樹園が盛んで、梨・ぶどう・栗・柿・イチゴの収穫が楽しめます。また関東…

土浦市

プロフィール 江戸時代から県南の中心都市として発展した土浦市は全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦の表玄関です。水上、陸上交通の拠点で、水上スポーツや釣りなど県外からも多くのレジャー客が訪れます。自然も豊かでヨシキリなどの野鳥が…

つくば市

関東平野にそびえる筑波山をシンボルとし、日本の最先端の科学技術研究施設が集中するつくば市は、国内ばかりでなく世界のつくばとして発展を遂げています。

阿見町

プロフィール 霞ヶ浦の南岸に位置し、土浦市、牛久市、稲敷市、美浦村に隣接しています。町の大部分は平坦な洪積台地で、霞ヶ浦を望む台地には、町の天然記念物にも指定されている巨樹・巨木が多く、古くから人と自然との共存が図られて…

牛久市

市名となった牛久沼は、淡水魚の宝庫として東京など首都圏からの釣り客が訪れます。魚類ばかりでなく野鳥の飛来も多く、四季を通じて市民の憩いの場となっています。

美浦村

プロフィール 霞ヶ浦の南岸に位置し、湖岸と稲敷台地の東端で、ほぼ平坦な地形となっています。水鳥が憩い、淡水魚、水生植物が数多く見られる湖岸は自然の宝庫で、安中地区には自然の砂浜が残っています。大山地区の湖岸には国立環境研…

稲敷市

プロフィール 北の霞ヶ浦と南の利根川に挟まれた地域で、新利根川、小野川の河川が流れています。霞ヶ浦湖岸、利根川流域とも肥よくな水田地帯で、早場米の産地としても知られます。西側の江戸崎地区は丘陵地帯で、平地林が広がっていま…

つくばみらい市

プロフィール 市の西部には小貝川、鬼怒川が流れ、西南部分は低地の水田が広がっています。北東部分は常総台地の丘陵地帯です。江戸時代の治水事業家・伊奈忠次によって造られた小貝川の福岡堰によって生まれた広大な水田地帯が特徴で、…

龍ケ崎市

プロフィール 市の西側に自然豊かな牛久沼があり、名物ウナギのほか近年ではブラックバス釣りのメッカとして都内を中心に関東近県から多くの釣り人で賑わいをみせます。東京のベッドタウンとしての住宅団地が造成され、人口が増えている…

河内町

プロフィール 県の南端に位置しており、利根川と新利根川に挟まれた細長い地形となっています。利根川の対岸は千葉県成田市で、利根川の氾濫に苦しめられた長い歴史がありますが、その氾濫によって造られた自然堤防の上に集落が築かれ、…

利根町

プロフィール 県の南端に位置し、利根川を挟んで千葉県と向かい合っています。町域は常総台地の末端にかかり、利根川、小貝川流域の沖積低地で、ほとんどが平坦。中央には人口河川の新利根川が流れています。気候は比較的温暖で、利根川…

取手市

プロフィール 本県の南の玄関口として江戸時代から水運、陸運の要所となった取手市は、今でもJR常磐線、国道6号など交通の要として重要な役割を果たしています。なんといっても最大の魅力は、雄大な利根川の流れ。四季を通じて野鳥の…

守谷市

プロフィール 利根川、鬼怒川、小貝川という3つの河川に囲まれた台地上に市街地が形成され、水と緑の恵まれた守谷市。常磐自動車道やつくばエクスプレスの開通により、首都圏とも直結、めざましい発展を遂げています。また、民間の出版…