石岡市


プロフィール

古くは常陸国の中心地として栄え、商業都市として発展してきた石岡市は、霞ヶ浦と筑波山塊を有する歴史と自然を楽しめるまちです。霞ヶ浦の高浜入り江は釣り人たちや野鳥愛好家が訪れ、山域ではハングライダーやパラグライダーのスカイスポーツを楽しむ人たちでにぎわいます。その自然を生かしたナシ、カキ、クリ、ブドウ、ミカン、イチゴ、ブルーベリーなどの果樹栽培も盛んで、フルーツパラダイスとしてシーズン中にはもぎとり体験もできます。茨城県フラワーパークは世界のバラ3万本が咲き誇り、香りに酔いしれることができるバラの楽園です。国民宿舎つくばねや東筑波ユートピア、ダチョウ王国など親子で楽しめる施設も点在します。また、歴史を感じる常陸風土記の丘や市街地のまち蔵など、市内散策の楽しみも多くあります。関東の灘の異名をとる清酒造りや醤油や味噌などの味覚も豊富。9月に行われる石岡のおまつりは、関東三大祭りに数えられ、勇壮な幌獅子や山車など40台が市内を巡行し、3日間のまつり期間中40万人以上の観光客が訪れます。