利根町


プロフィール

県の南端に位置し、利根川を挟んで千葉県と向かい合っています。町域は常総台地の末端にかかり、利根川、小貝川流域の沖積低地で、ほとんどが平坦。中央には人口河川の新利根川が流れています。気候は比較的温暖で、利根川の土手やサクラやイチョウの木が美しい通りがあり、地元住民の散歩コースとして親しまれています。西端の小貝川の最下流は江戸時代に台地を開削した人工河川で、利根川との合流点から布川に至る部分も人為的な河道で、この工事によってかえって水害を招くことになり、この地方は水との闘いが絶えなかった地域でした。まちの行政や商業の中心となっている布川は、江戸時代に水戸街道の脇往環路の宿場町として栄えました。また、利根川舟運の河港として栄えた集落でもあり、1955年に利根町が発足しました。江戸時代からたびたび水害に遭っており、低地の集落では庭先に水塚と呼ばれる高みを築いたり、家の軒下に避難用のあげ舟を用意したりして、洪水に備えている様子が見られます。

おもな見どころ

さらにくわしく

観光・レジャーリスト 食べる・買うリスト 泊まるリスト 市町村のホームページ