土浦市


プロフィール

江戸時代から県南の中心都市として発展した土浦市は全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦の表玄関です。水上、陸上交通の拠点で、水上スポーツや釣りなど県外からも多くのレジャー客が訪れます。自然も豊かでヨシキリなどの野鳥が生息、西の山域ではバードウォッチングやスカイスポーツも楽しめます。まちの歴史は室町時代に築かれた土浦城の城下町が基礎となり、近隣の商業の中心地となりました。また、第2次世界大戦前には海軍航空隊の基地が置かれたことから、料亭や娯楽などの休養施設が集中して歓楽街も発達しました。最近は東京への通勤圏となり、郊外型商業施設も建設されています。市街地には歴史を物語る見世蔵や古い商家が点在、土浦城跡は亀城公園として堀や城門が残されています。また、国際盲人マラソンを兼ねたかすみがうらマラソンには1万人のランナーが全国から集結。10月の土浦全国花火競技大会は日本三大花火大会のひとつで、全国の花火師たちが日本一を競い、土浦の世空を華麗に彩ります。農産物としてレンコンが有名で、最近はツェッペリンカレーが町おこしに一役買っています。