2月14日(水)水戸市内にて明治150年記念講演会を開催します


明治150年記念講演会 「幼児・女子教育の先達 豊田 芙雄(とよだふゆ)」

平成30年は、「明治維新」から150年の節目の年に当たり、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神から日本の強みを学ぶことの重要性が再認識されており、国を挙げてキャンペーン等に取り組んでいます。
こうした機運と併せて、本県においても明治期の女性の活躍にスポットを当て、日本の幼児・女子教育の礎を築いた、水戸市出身の「豊田芙雄」の功績について、茨城女子短期大学学長の小野孝尚氏にご講演をいただきますとともに、明治150年を契機とした本県の観光振興について、茨城県観光物産課長の橘川栄作が講演いたします。
明治期の歴史や幼児・女子教育に関心をお持ちの方をはじめ、いばらき観光マイスターや観光事業者等の観光振興に携わっている方など、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

豊田芙雄とは

女子高等教育の先駆者、日本の幼稚園教育の開拓者。東京女子師範学校の教員として上京。翌年、付属幼稚園が開設されるとその保母となり、日本の保母第一号となった。その後、ヨーロッパに留学し女子教育を学ぶ。
帰国後は、各府県において初等・中等教育に従事した。
「女が女の特性を発揮させ、良妻賢母になるために高等教育「水戸二高百年史」より転載が必要」と説き、生涯にわたり教育者として道を切り開いた。

開催概要

日時
平成30年2月14日(水) 14:00〜16:00
会場
県立歴史館 講堂(水戸時緑町2-1-15)
講演
「幼児・女子教育の先達 豊田芙雄の功績について」
 講師:茨城女子短期大学 学長 小野 孝尚 氏
「明治150年を契機とした茨城県の観光振興について」
 茨城県商工労働観光部観光局観光物産課 課長 橘川 栄作
定員
100名(申込先着順)
受講料
無料

お申し込み方法

別添チラシにて、メール又はFAXにて観光物産課までお申し込みください。

申し込み先・お問い合わせ

茨城県商工労働観光部観光局観光物産課
担当:石﨑、川前、小口

チラシをダウンロード