地域産業資源活用事業計画の認定書交付式を行いました


平成30年2月9日付けで,県内の3事業者((株)オールフィールズ,(有)ナガタフーズ,(有)グリュイエール)が,関東経済産業局長・関東農政局長・関東信越国税局長から地域産業資源活用事業計画の認定を受け,2月20日に茨城県庁で認定書が交付されました。

1 日時 平成30年2月20日(火)午前11時~
2 場所 県庁舎11階 1101会議室
3 認定官庁
  ・関東経済産業局
  ・関東農政局
  ・関東信越国税局 ※(株)オールフィールズのみ
4 認定事業者
   ○株式会社オールフィールズ(鹿嶋市)
事業名:鹿嶋市産の麦を使った鹿嶋の地ビールの製造・販売
   ○有限会社ナガタフーズ(笠間市)
事業名:笠間市産の品種限定した栗と和三盆を使用した「笠間の栗の練り和菓子」
の開発・製造・販売
   ○有限会社グリュイエール(笠間市)
事業名:笠間市産「大栗(長谷川くり)」を使用したマロングラッセの開発・製造・販売

                  左から,(有)ナガタフーズ永田代表取締役,(有)グリュイエール根本代表取締役 

(株)オールフィールズ唐澤代表取締役

          認定官庁の方々と一緒に(左から関東信越国税局上條様,

関東経済産業局高橋様,関東農政局茨城県拠点塚田様)


(株)オールフィールズ事業計画
(有)ナガタフーズ事業計画
(有)グリュイエール 事業計画


<参考>
 ・「中小企業地域資源活用促進法(中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律)」に基づき,都道府県が指定を行った地域産業資源(農林水産物等)を活用し,中小企業等が商品・サービス開発や需要の開拓を目指す計画で,国が認定するものです。
・本県の認定計画は,今回の3件を含めて36件(関東経済産業局管内11都県中3番目)です
・認定を受けた事業計画については,国庫補助(ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業)),政府系金融機関による融資制度や専門家によるアドバイス等総合的な支援,フォローアップを受けることが可能となります。