磯山さやかの旬刊!いばらき

 

常陸牛

今回は、茨城の誇る極上グルメ「常陸牛」を紹介します。

「常陸牛」は、豊かな大地で育ち、上品でさっぱりとした脂が特徴で、ステーキや焼き肉に最適です。
磯山さやかが、東京・四谷にある「旬菜鉄板焼 玄(くろ)」を訪れ、目の前の鉄板で焼かれた霜降りの「常陸牛」(特選サーロインステーキ)を堪能します。

「常陸牛」は、県内はもとより県外でも食べることができます。是非、茨城が誇る「常陸牛」を味わってみて下さい。

黒毛和牛の最高級ブランド「常陸牛」

「常陸牛」は厳選された黒毛和牛の最高級ブランド。約30カ月かけて飼育された黒牛で、食肉取引規格(枝肉格付け)の「肉質等級4」以上に格付けされたものだけが「常陸牛」と呼ばれます。

肉のきめが細かく、良質の脂肪が筋肉中に「霜降り」状に沈着するため、非常に柔らかく風味の良いのが特徴で、ロースやサーロイン、もも、すね等の部位があり、それぞれの特性に合った調理法がおいしく食べる秘訣です。

茨城の雄大な自然の中で丹精込めて生産された常陸牛は、本県を代表する味覚なのです。

さらに詳しい常陸牛の情報については、うまいもんどころのページをご覧ください。

「磯山さやかの旬刊!いばらき」は毎週金曜日にテレビ朝日で放送中

「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、「いばらき大使」の磯山さやかさんが、茨城県内の観光スポット等を紹介しながら、いばらきの魅力を発信していきます。
テレビ朝日で毎週金曜日「ちい散歩」内で10時50分頃放送中。ぜひ見てください!

番組についてくわしくはこちら
磯山さやかの旬刊!いばらき