鹿行のスポット・イベント

  1. 第1位
    鹿島神宮

    鹿島神宮

    日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする神社。現在の社殿は徳川二代将軍の秀忠により、また奥宮は徳川家康、楼門は水戸初代藩主徳川頼房により奉納されたもので、いずれも重要文化財となっています。
    息栖神社、香取神宮とともに東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めており、東国三社巡りツアーも行われています。
    勝利の武神・武甕槌大神のご神気が息づくスポットです。

    ■鹿嶋市宮中2306-1 TEL.0299-82-1209

  2. 第2位
    港公園(展望台・工場夜景)

    港公園(展望台・工場夜景)

    広い園内には、8,000本もの南国の樹木が植えられ、一年中緑に包まれています。港公園のシンボルは、高さ52mの展望塔。タワーの展望台に立つと、左右には鹿島港が、その先には太平洋を航行する船も見えます。陸地に目を移すと、広がるのは鹿島臨海工業地帯の大パノラマで、工場夜景も楽しめます。

    ■神栖市東深芝10 公園管理事務所 TEL.0299-92-5155

  3. 第3位
    水郷潮来あやめ園

    水郷潮来あやめ園

    約500種100万株の色とりどりのあやめ(花菖蒲)が植えられ、「水郷潮来あやめまつり」期間中には「嫁入り舟」や「あやめ踊り」などのイベントも盛りだくさんで、多くの観光客で賑わいます。幕府の命によって行われた治水事業により、潮来は水運の要所として栄え、今では舟に乗って、水郷情緒を楽しむ十二橋めぐりが名物となっています。

    ■潮来市あやめ1-5 潮来市産業観光課 TEL.0299-63-1111

  4. 第4位 県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)

    県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)

    鹿島アントラーズのホームスタジアム。併設のサッカーミュージアムでは、チームの歴史を感じることができます。チーム名の「アントラー(antler)」は英語で鹿の枝角を意味し、鹿島神宮の鹿、枝角は茨城県の茨をイメージしています。

    ■鹿嶋市神向寺後山26-2 TEL.0299-84-1155

  5. 第5位 御船祭

    御船みふね

    鹿島神宮で12年に一度、午年にのみ行われる「御船祭」。鹿島神宮の御祭神である武甕槌大神が約3,000人・120艘の大船団と共に巡幸して、香取神宮のお迎えを受ける絢爛豪華な国内最大規模の水上祭です。

    ■鹿島神宮ほか TEL.0299-82-1209

  6. 第6位

    道の駅いたこ

  7. 第7位

    新日鐵住金(株)鹿島製鐵所

  8. 第8位

    鹿島灘海浜公園

  9. 第9位

    あじさいの杜(二本松寺)

  10. 第10位

    息栖神社

Copyright Ibaraki Prefectural Government. All rights reserved.