いばらきおもてなしレベルアップ事業

皆さんは「おもてなし」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?お宿や観光地のスタッフなど、観光客を直接お出迎えする人たちのものと思うかもしれませんが、観光客が旅行中に接するのは、そういった人たちだけではありません。

すれ違う地元の人が明るく笑顔で挨拶してくれたり、地元の美味しいお店を教えてくれたりしたら、茨城県のイメージアップに繋がるはずです。

観光客のみなさんに本県の魅力を存分に体験してもらい、また来たいと思っていただくためには、県民総ぐるみで、観光客をおもてなしして、茨城の魅力を存分に感じてもらうことが必要です。

平成26年11月には「いばらき観光おもてなし推進条例」が施行されたことを踏まえ、様々な施策に取り組んでまいります。

「いばらき観光おもてなし推進条例」はこちら(PDF)

平成29年度「第2回おもてなし講座」を開催します!

全県的なおもてなし力の向上を図るため、接遇マナーの基礎等を学ぶ「おもてなし講座」を、県内5ヶ所で開催します。

第2回おもてなし講座
第2回おもてなし講座

みなさんは茨城の魅力について、どこまで人に伝えられますか?
今回の講座では、「茨城の魅力」を再発見するためのグループワークや、その魅力を観光客に伝えるための「おもてなし」のスキルを実践形式で学ぶことが出来ます。
観光事業者はもちろん、それ以外の方でもご参加いただけます。
日にちを分け、県内数か所で開催いたしますので、お近くの会場で是非ご参加ください。

開催日程
日程 会場 定員
1月11日(木) 水戸生涯学習センター(水戸市) 80名
1月16日(火) 鹿行生涯学習センター(行方市) 60名
1月18日(木) 県西生涯学習センター(筑西市) 70名
1月19日(金) 水戸生涯学習センター(水戸市) 80名
1月23日(火) 県北生涯学習センター(日立市) 70名
1月26日(金) 県南生涯学習センター(土浦市) 70名

※時間は各会場ともに14:00~16:00(受付 13:30~)となります。
※県南生涯学習センターについては、駐車場が有料(自己負担)となります。
※各会場とも定員に達し次第、申込締切りとさせていただきます。

申込方法

所定の様式(チラシ裏面)により、FAX又はメールにて県観光物産課へお申込ください。

申込用紙のダウンロード等詳細は、茨城県ホームページをご覧ください。

 

第3回おもてなし県民大会の開催について

2019年茨城国体や2020年東京オリンピックの開催に向けて、茨城県を訪れる観光客の増加が期待されています。茨城を訪れる皆様を温かくお迎えするため、「おもてなし」が今までよりも重要なキーワードとなります。
そこで、全県的なおもてなし気運の醸成のため、下記のとおり「第3回おもてなし県民大会」を開催いたします! おもてなしについて考える良い機会になりますので、ぜひご参加ください。

第3回おもてなし県民大会

日時:平成29年7月3日(月)
13:00~15:30(受付開始12:00~)
会場:ホテルグランド東雲(つくば市小野崎488-1)

内容

事例発表

  • いばらき観光マイスターS級認定者による模擬実演(観光案内)
  • 筑波大学生による事例発表(「盆LIVE」の取組みについて)

基調講演

  • 講師:金沢観光ボランティアガイド団体「まいどさん」会長 喜多 益雄 氏/テーマ:「おもてなしの作法」

観光ボランティアガイド

茨城県の魅力を「おもてなし」の心で案内する「観光ボランティアガイド」をご紹介します。

くわしくはこちら

おもてなし好事例集

県内で実践されている「おもてなし」の好事例を掲載しています。
観光関係の事業者の方々はもちろん、児童・生徒さんの取組を紹介しています。

くわしくはこちら

「いばらきおもてなしレベルアップ事業」のご紹介

県、市町村、観光事業者、観光関係団体及び県民が一体となって「おもてなし日本一」を目指す「いばらき観光おもてなし推進条例」の制定を踏まえ、全県的なおもてなし気運の醸成、観光知識や接遇スキルの向上を図ります。

おもてなしハンドブック

おもてなしの4つの心得と、県内の観光資源の魅力を紹介する「茨城おもてなしハンドブック」を作成しました。
冊子をご希望の方は、茨城県観光物産課観光戦略グループまでお問い合わせください。
また、PDF版がダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

茨城おもてなしハンドブック:PDF形式(9.1MB)

茨城おもてなしハンドブック

いばらき観光マイスター認定試験の実施

茨城を心から愛し、その魅力を観光客に説明することができ、なおかつ高い接遇スキルを有する方々を「いばらき観光マイスター」として認定する試験を実施いたします。

guidebook
いばらき観光マイスターガイドブック

観光案内に必要な地域の観光資源やおもてなし向上のために必要な心得等を紹介しています。ぜひご覧ください。

いばらき観光マイスター認定試験

観光マイスター認定試験(筆記試験)

観光案内をする上で、十分な知識と接遇マナーを持っている方を、筆記試験により観光マイスターに認定します。

観光マイスターS級認定試験(模擬面接)について

観光案内をする上で、より高い知識とおもてなしの心による高い接遇スキルを持っている方を、模擬面接により観光マイスターS級に認定します。

※試験日等が決定次第、随時ご案内いたします。

くわしくは観光マイスターのページへ

全県的なおもてなし気運の醸成 等

おもてなし県民大会

街頭キャンペーン

おもてなし講座

全県的なおもてなし力の向上を図るため、接遇マナーの基礎等を学ぶ「おもてなし講座」を、県内6ヶ所で延べ12回にわたり開催します。

※開催日時等が決定次第、随時ご案内いたします。


観光ボランティアガイドの研修経費助成

観光ボランティアガイドが構成員の資質を向上させるための研修会等の開催経費を助成します。

助成対象事業
観光ボランティアガイド団体の構成員の接遇向上または活動地域の歴史や文化を学ぶための研修会等
助成対象団体
  • (1) 観光ボランティアガイド団体
  • (2) (1)の団体が所在する、市町村及び観光協会等
助成の範囲
講師派遣料や、研修会で使用するテキストの印刷製本費、会場借上料の10/10(1団体あたり上限15万円)
助成要項及び関係様式はこちら

 

「いばらき観光おもてなし推進条例」のご紹介

平成26年11月に施行されたこの条例は、県、市町村、観光事業者、観光関係団体及び県民のみなさまが一体となって、「おもてなし日本一」を目指して観光の振興を推進しようというものです

条例抜粋

第4条4

県は、県民誰もが「いばらきのおもてなしの心得」を理解し、観光案内人となれるよう必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

第5条

観光事業者は、基本理念にのっとり、観光客に良質なサービスを提供するとともに、観光客への心のこもったおもてなしを通じて、地域の魅力の向上に主体的に取り組むものとする。

第7条

県民は、基本理念にのっとり、自ら率先して、観光客を心のこもったおもてなしで迎えるとともに、地域における観光の振興に関する取組に積極的に協力するよう務めるものとする。