あんこう研究所

エリア別-あんこう鍋の食べられるお店・宿
いま食べたい!編集部-オススメあんこう鍋!
こちらもオススメ!ちょっと変わったあんこうグルメ
あんこう鍋をもっと-楽しむ7つのポイント!
あんこう研究所
トップページへ

 

あんこうってスゴイ!まるみつ旅館 あんこう研究所

「あんこう料理」といえば、鍋にあん肝、供酢などが代表格。ですが、あんこうは他にも色々な食べ方があるんです!そんな、あんこうの新たなレシピ作りに取り組んでいるのが、北茨城市の「あんこう研究所」。2015年12月22日にオープンして以来、あんこうのから揚げやあんこうメンチカツ、あんこうバーガーにあんこうラーメンと多彩なメニューを開発してきました。美味だけでなく、なんと美容にも良いとか…!? グルメや新たな活用方法など、冬だけでなく1年を通して楽しめる「あんこう研究所」の取り組みを紹介します♪

あんこうの知られざる魅力、活用法

あんこうの知られざる魅力、活用法

 

あんこうの知られざる魅力、活用法

あんこう研究所があるのは、あんこうどぶ汁のメッカでもある北茨城市平潟港。「あんこうの宿」として人気を集めるまるみつ旅館の向かい側にあります。研究所は、まるみつ旅館の社長・武子さんと旅館のスタッフ主体で運営。1階はショップになっていて、入るとあんこうを使った商品やグッズがずらりと並んでいます!中には、キャンディ「コラーゲンの雫」といった意外な商品も。これにもあんこうが使われているのでしょうか?「はい。実はあんこうは、コラーゲンがとっても豊富なんです」と、武子社長。あんこうの活用法を考える中で、豊富なコラーゲンを取り出して使えないかと考案。あんこうを捌いた後に残る骨からコラーゲンを抽出し、このキャンディやコラーゲン風呂といったアイデアを実現しました!ちなみに、あんこうの骨は肥料としても活用するなど、まるみつ旅館では捨てるところなく利用しています。

新・あんこうグルメを堪能あれ

研究所2階はレストランになっていて、あんこうグルメを食べることができます。あんこうコラーゲンを抽出した「あんこうメンチカツ」はとってもジューシー!このメンチカツを挟んだ「あんこうバーガー」は、地元イベントでも好評です。北茨城の新しいご当地バーガーとの呼び声も♪そして、編集部イチオシの「あんこうラーメン」!まるみつ旅館で提供している、あんこうのどぶ汁をアレンジしたスープで食べる一杯です。あん肝と味噌のコクが溶け出した秘伝のスープから、甘さを控えめにして仕上げています。11月頭に開催された「雨情の里港まつり」では、販売開始から行列の末に完売する人気を博しました!研究所では、トッピングにあんこうのから揚げがついてくるのも嬉しいポイント。今後は、あん肝ソースのパスタなども考案しているとか!?あんこう研究所が贈る、新たなあんこうメニューにご期待ください♪

あんこうバーガー(野菜はつきません)

あんこうバーガー(野菜はつきません)

 

新・あんこうグルメを堪能あれ

あなたも私も職人に!あんこう吊るし切り道場

あなたも私も職人に!あんこう吊るし切り道場
あなたも私も職人に!あんこう吊るし切り道場

大きな身に水分を多く含むあんこうを捌くのに、漁師たちが考案した伝統技法……それが「吊るし切り」です。吊るしたあんこうを手際よく解体していく姿は、実際に見ると圧巻!あんこう研究所では、なかなか見る機会のないこの吊るし切りを見学、そして体験できるプログラム「吊るし切り道場」を開講します。スタートに先立って、いばらき夢ガイドが道場に入門してきました!まるみつ旅館の料理長・武子さんに教えてもらいながらスタート。今回捌くあんこうは、平潟漁港で揚がった鮮度バツグンの8キロ物。はじめはぷるんぷるんの身に包丁を入れるのすら「難しい!」と苦戦していたふたりですが、だんだんコツを掴んできた様子です。あんこう吊るし切りの中でも難所という、皮を一気に剥ぐところにもチャレンジ!うまく出来たふたり、料理長からも「筋がいいですね♪」とお褒めの言葉を頂きました。

 

いばらき夢ガイドがチャレンジ!あんこう吊るし切り体験

  • あんこう研究所エプロンと軍手を着用して、準備万端でスタート! あんこう研究所エプロンと軍手を着用して、準備万端でスタート!
  • はじめは、武子料理長がお手本を。ヒレを切り落とします。 はじめは、武子料理長がお手本を。ヒレを切り落とします。
  • 次に、腹部へ包丁を入れ、肝や胃袋など内臓を取り出します。 次に、腹部へ包丁を入れ、肝や胃袋など内臓を取り出します。
  • 吊るし切りの難所のひとつ、皮を剥ぐ作業に挑戦。 吊るし切りの難所のひとつ、皮を剥ぐ作業に挑戦。
  • 大きな口の関節を外します。口の奥には、立派な歯が。 大きな口の関節を外します。口の奥には、立派な歯が。
  • 身を切り出して、吊るし切りフィニッシュです! 身を切り出して、吊るし切りフィニッシュです!

 

あんこう研究所

あんこう鍋大好きといういばらき夢ガイドも絶賛!あんこうラーメン1,200円(税別)。あんこうのから揚げトッピングつきです。

あんこう鍋大好きといういばらき夢ガイドも絶賛!あんこうラーメン1,200円(税別)。あんこうのから揚げトッピングつきです。

あんこう研究所1階アンテナショップでは、オリジナルグッズも各種販売中!北茨城のお土産にオススメです。

あんこう研究所1階アンテナショップでは、オリジナルグッズも各種販売中!北茨城のお土産にオススメです。

ゴールドに輝く軍手は、あんこう吊るし切りでも大活躍しました。実はスマホ操作対応のスグレモノです♪

ゴールドに輝く軍手は、あんこう吊るし切りでも大活躍しました。実はスマホ操作対応のスグレモノです♪

美肌の旅館

コラーゲン露天風呂はなんと日帰り入浴でも利用可能!コラーゲン特有の匂いを取り除くよう分析・研究しました。

コラーゲン露天風呂はなんと日帰り入浴でも利用可能!コラーゲン特有の匂いを取り除くよう分析・研究しました。

新たに登場した貸切風呂もオススメ!深さ約165cmもある「美深の湯」。他にも、炭酸泡の「美泡の湯」もあり。

新たに登場した貸切風呂もオススメ!深さ約165cmもある「美深の湯」。他にも、炭酸泡の「美泡の湯」もあり。

地元北茨城の焼き物・天心焼でも使用している「蛙目粘土(がいろめねんど)」を溶かしこんだ泥風呂。

地元北茨城の焼き物・天心焼でも使用している「蛙目粘土(がいろめねんど)」を溶かしこんだ泥風呂。

まるみつ旅館 あんこう研究所(北茨城市)

平潟産のあんこうの美味しさや魅力を発信しながら、新たな価値を研究していきます。骨までまるごと捨てるところのないあんこう!美食、そして美肌の街として、一年を通して北茨城市平潟へ足をお運びください♪

まるみつ旅館 社長・武子さん、料理長・武子さん、支配人・沼田さん

(右から)まるみつ旅館 社長・武子さん、料理長・武子さん、支配人・沼田さん

まるみつ旅館 あんこう研究所

まるみつ旅館 あんこう研究所

まるみつ旅館 あんこう研究所

北茨城市平潟町235 0293-46-0569 研究所/9:00〜17:00

くわしくはこちら

あんこう吊るし切り道場について

◎2016年12月より、月1回開講。完全予約制、1組限定を予定

  • 吊るし切り見学コース 5,000円
  • 吊るし切り体験コース(1〜5名) 30,000円、あんこうどぶ汁付き
  • 吊るし切り習得コース 250,000円(10日間の講習)

※開講日や予約についてくわしくは、まるみつ旅館へお問い合わせください


エリア別-あんこう鍋の食べられるお店・宿
いま食べたい!編集部-オススメあんこう鍋!
こちらもオススメ!ちょっと変わったあんこうグルメ
あんこう鍋をもっと-楽しむ7つのポイント!
あんこう研究所
トップページへ