板谷波山没後50年


 

天心・波山記念事業

「没後50年 板谷波山展 葆光―その静かなる情熱。」

期間
平成25年10月5日(土)〜12月8日(日)
会場
茨城県陶芸美術館(笠間市)

時を越えて神々しい光を放つ波山の器

重要文化財 葆光彩磁珍果文花瓶(大正6年)
泉屋博古館分館蔵

 

企画展についてくわしくはこちら

陶芸を芸術の域に高めた先駆者

陶芸が芸術であることは、今では常識です。しかし、芸術の位置に上ったのは、最近のことでした。その道を切り開いたのは下館(現筑西市)出身の板谷波山(1872年〜1963年)です。東京美術学校彫刻科に入学した波山は、岡倉天心、高村光雲らの指導を受けました。卒業後は石川県工業学校の教師として赴任。ここで陶芸を指導したことをきっかけに自らも作陶を開始。苦労の末にやきものを芸術へと高めた功績から、陶芸家としては初めて文化勲章を受章しました。

東西の工芸様式を融合させた波山

波山は中国の古陶磁を骨格としながらも、そこに西欧のアール・ヌーヴォー様式を加えました。東西の工芸様式を融合させ、重厚かつ優雅な装飾性を実現したのです。理想の陶磁器づくりのためには一切妥協しなかった波山。完璧なまでに研ぎ澄まされたその器は、時を越えて神々しい光を放っています。茨城県陶芸美術館の「没後50年 板谷波山展」(10月5日〜12月8日)では、91年の長い生涯の中で様々に変化していった作風が堪能できます。

映画や記念館で波山の業績を知る

板谷波山の名をさらに高めるきっかけとなったのが、榎木孝明が主演した映画『HAZAN』(2004年)でした。茨城県陶芸美術館では11月3日(日)に上映会を開催。波山の真摯に作陶に励む姿をぜひご覧ください。その他、波山の郷里・筑西市には板谷波山記念館も建てられています。彼の生家跡に建てられた記念館で、木造瓦平屋建の生家もそのまま保存されています。波山の作品・遺品、さらには彼が受賞した文化勲章まで展示されています。

木造瓦葺平屋建の波山の生家。6畳2間、3畳の間、玄関、台所があります。

板谷波山記念館の展示スペース。ゆかりの品や文化勲章が展示されています。

陶芸を芸術の域に高めた板谷波山。91年の生涯を送りました。

企画展「没後50年 板谷波山展」関連イベント

映画上映会「波山特集」

10月6日(日)、13日(日)「心ありきー陶芸家 にんげん 板谷波山」(筑西市制作)
10月12日(土)、27日(日)「波山をたどる旅」(プロジェクト茨城制作)
11月3日(日)「HAZAN」
11月30日(土)、12月1日(日)「板谷波山」(茨城県制作)
◆上映開始:各日とも13:00 ◆定員:120名(先着順)

場所:茨城県陶芸美術館

ギャラリートーク

担当学芸員が展覧会をご案内。館内に移築された映画「HAZAN」ロケセットも観覧できます。

日時:10月26日(土)9:30~
場所:茨城県陶芸美術館

学芸員といく!「波山ゆかりの地めぐりバスツアー」

学芸員が茨城県陶芸美術館、板谷波山記念館、しもだて美術館、妙西寺(波山の菩提寺)、つくば市洞下(波山が疎開時に制作拠点となった陶芸家・古宇田正雄の窯)など、波山ゆかりの地を案内します。
◆参加費:3,300円(企画展観覧料、昼食代を含む) ◆定員:35名

日時:10月26日(土)、12月7日(土)
場所:茨城県陶芸美術館

「波山をたどる旅」コンサート

映画のサウンドトラックを手がけた2組のアーティストによる音楽会 ◆定員:120名(先着順、無料)

日時:10月27日(日)14:45~
場所:茨城県陶芸美術館

映画「HAZAN」ロケセットで呈茶!

映画「HAZAN」ロケセットで呈茶会を開催。 ◆呈茶券:500円 ◆定員:75名(先着順:当日10:00より1階にて受付開始)

日時:11月2日(土)11:00~15:00(10:00受付開始)
場所:茨城県陶芸美術館

美術講演会と対談

波山研究の第一人者・荒川正明氏と波山のお孫さんをお招きし、波山を語る2時間。 ◆定員:120名(先着順、無料)

日時:11月7日(木)13:30~
場所:茨城県陶芸美術館

スライドトーク「ベールに包まれた波山の彩磁技法に迫る」

陶芸家・齊藤勝美氏を招き、技法の面から波山芸術の神髄に迫ります。 ◆定員:120名(先着順、無料)

日時:11月23日(土・祝)
場所:茨城県陶芸美術館

イベントについてくわしくはこちら

茨城県陶芸美術館

笠間芸術の森公園内の高台に位置する茨城県陶芸美術館。その眺望も絶景です。

茨城県陶芸美術館は東日本初の陶芸専門の美術館です。茨城県出身の板谷波山をはじめ日本の近現代陶芸界において優れた業績を残した文化勲章受章者や重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品などを展示するほか、国内外の優れた作品を展示する企画展を年4 回開催しています。「ときめく」「識る(しる)」「楽しむ」三つのキーワードをもとに、陶芸のすばらしさを多くの方々に知っていただけるよう、魅力ある美術館づくりを目指しています。

 

第1展示室。日本の近現代において優れた業績を残した人間国宝等の作品を展示紹介。

第2展示室。茨城県にゆかりの深い現在活躍中の陶芸家の代表的な作品を展示紹介。

 

茨城県陶芸美術館
住所 茨城県笠間市笠間2345
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般700円、高大生500円、小中生250円
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
お問い合わせ 茨城県陶芸美術館
☎0296-70-0011

くわしくはこちら

板谷波山記念館

板谷波山記念館
住所 茨城県筑西市田町甲866-1
開館時間 10:00〜18:00
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始
お問い合わせ 板谷波山記念館
☎0296-25-3830

くわしくはこちら