Festivals in Ibaraki

伝統を受け継ぐ熱気と感動「いばらきの夏祭り」

ねぶたや神輿渡御など、その地域に昔から伝わる伝統を大切に紡ぎ続け、今年も茨城県内各地でさまざまな夏祭りが繰り広げられます。中には、国や県の無形文化財等に指定されている貴重な祭事も。夏の思い出づくりに、ぜひお出かけください。

大子町花火大会と灯籠流し大子町

大子町花火大会と灯籠流し
8月14日(火) 19:30〜20:50

大子町の中心部を流れる久慈川・押川合流点中州から打ち上げられる花火と、川面を流れる無数の灯籠が醸し出す情緒は、大子町の花火大会ならではのものです。

久慈川と押川の合流点中州(打ち上げ場所) 常磐自動車道「那珂I.C」から国道118号経由約1時間 JR水郡線「常陸大子駅」から徒歩約5分 大子町観光協会 TEL:0295-72-0285

くわしくはこちら

ひたちなか祭りひたちなか市

ひたちなか祭り
8月18日(土)・19日(日)

2日間にわたって開催される毎年恒例の祭り。初日の目玉となる花火大会では、創造花火や各種スターマインなど、野村花火工業による花火が、夏の夜空を彩ります。2日目も様々なイベントが目白押しです。

18日(土):防衛省陸上自衛隊勝田駐屯地 他、19日(日):JR勝田駅前歩行者天国 常磐自動車道「那珂I.C」から車で約15分 JR常磐線「勝田駅」から徒歩約13分 実行委員会 TEL:029-272-0540

くわしくはこちら

小川祇園祭小美玉市

小川祇園祭
7月14日(土)~16日(月・祝)

小川祇園祭は素鵞神社の祭事で、享禄3年(1530年)に小河城主園部氏によって始められたと伝えられているお祭りです。當家祭をはじめとする古式を留めた神事は、小美玉市無形民俗文化財に指定されています。神輿の渡御や子供獅子による各町巡行、年番屋台に伴う稚児行列、大獅子のパレードが行われます。

小川地区市街地 常磐自動車道「千代田I.C」から小美玉市へ国道6号線・355号線経由で30分(祭のための専用駐車場はありません) JR常磐線「石岡駅」からバスで30分(小川中央下車すぐ) 素鵞神社社務所 TEL:0299-58-0846、小美玉観光協会 TEL:0299-37-1255

くわしくはこちら

ふるさとふれあいまつり小美玉市

小美玉市ふるさとふれあいまつり
8月25日(土) 9:00〜21:00

GENKIステージやお笑い&歌謡ショー、大声コンテストなどが行われます。市民や市内のお店による模擬店「バザール・おみたま」も。フィナーレには花火大会が行われます。※雨天の場合8月26日(日)に順延、8月24日(金)18:30からは前夜祭

小美玉市希望ヶ丘公園(多目的グランド) 小美玉市中台418 常磐自動車道「千代田石岡I.C」から国道6号線経由で30分 JR常磐線「石岡駅」からバスで20分(ヒルズガーデン美野里下車徒歩5分) 実行委員会 TEL:0299-48-1111(内線1252)

くわしくはこちら

あんば祭り茨城町

あんば祭り
7月28日(土)

台風12号接近のため中止

和船を3~4船つないだ船上の舞台で「おかめ」「ひょっとこ」等の踊りを披露します。夜には「のっこみ」と称し、大杉神社前に船が並べられ踊られます。

茨城町下石崎地区及び周辺の涸沼 北関東道「水戸南I.C」から約20分 茨城町商工会 TEL:029-292-5979

くわしくはこちら

水戸黄門まつり水戸市

水戸黄門まつり
8月3日(金)~5日(日)

初日は千波湖より打ち上げる約5000発の花火大会を開催します。2、3日目は、市内のメインストリートを中心として、10数台の山車が参加する「山車巡行」、10数基の神輿が勇ましく競い合う「神輿連合渡御」、3,000人を超える市民が熱気あふれる踊りを披露する「市民カーニバルinMITO」、タレントも参加する「水戸黄門パレード」など多彩なイベントが繰り広げられます。

水戸市内各所 常磐自動車道「水戸I.C」から国道50号経由で8km JR常磐線「水戸駅」から徒歩10分 水戸観光コンベンション協会 TEL:029-224-0441

くわしくはこちら

笠間のまつり笠間市

8月18日(土) 18:00~21:30

本場青森の迫力あるねぶたから市民手作りの色鮮やかな光のオブジェまで多くのねぶたと跳ね人や神輿でにぎわうパレード。笠間の夏を彩る恒例の祭りです。

笠間稲荷神社周辺〜笠間ショッピングセンターポレポレ周辺(実施本部:市営荒町駐車場) 北関東自動車道「友部I.C」から国道355号経由で約10分 JR水戸線「笠間駅」から徒歩約15~20分 実行委員会 TEL:0296-77-1101

くわしくはこちら

大洗八朔祭大洗町

大洗八朔祭
8月25日(土)・26日(日)

1700年代から行われてきた、五穀豊穣と町民生活の安定を祈る祭りです。宵祭では山車の巡行、本祭では歩行者天国となり、曲松、永町、髭釜、大貫の各商店街が工夫を凝らした様々な催し物や模擬店を実施します。26日(日)15:00~21:00は歩行者天国。

大洗町全町内 北関東自動車道・東水戸道路「水戸大洗I.C」から国道51号線・県道2号線へ約10分 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」から徒歩約15分 大洗町商工会 TEL:029-266-1711

くわしくはこちら

撞舞(つくまい)龍ケ崎市

7月29日(日) 18:00〜

高さ14メートルの柱に、笛や太鼓の囃子に合わせて蛙の面をかぶった「舞男」が登り、東西南北に向かって矢を放ち、逆立ちなどの曲芸を披露します。雨乞いや豊作祈願、疫病よけの意味があるといわれ、舞男が柱の上で放った矢を拾うと一年間災厄を免れるとされています。国選択・県指定無形民俗文化財。

龍ケ崎市根町「撞舞通り」 首都圏中央自動車道「牛久阿見I.C」から県道48号線(土浦竜ケ崎線)を龍ケ崎方面へ向かい約20分 JR常磐線「佐貫駅」から関東鉄道竜ヶ崎線に乗り換え「竜ヶ崎駅」から徒歩約10分 龍ケ崎市商工観光課 TEL:0297-64-1111

くわしくはこちら

八坂神社祇園祭守谷市

八坂神社祇園祭
7月28日(土)

八坂神社の祇園祭は、夏に流行る疫病を祓おうということから、夏の始まりに行われていたお祭りです。境内の神楽殿でお神楽が演じられ、5台の山車・万灯神輿が町内を巡行、夜になると電飾で美しく飾られた山車が神社前に集結します。そして、神輿を囲んで山車がグルグルと回ります。この姿は守谷祇園特有のもので、名物にもなっています。

守谷八坂神社周辺 常磐自動車道「谷和原I.C」から守谷方面に向かい約10分 TX、関東鉄道常総線「守谷駅」八坂口から徒歩約10分 守谷八坂神社 TEL:0297-46-2788

くわしくはこちら

うしくかっぱ祭り牛久市

うしくかっぱ祭り
7月28日(土)・29日(日)

7月28日(土)は台風12号接近のため中止
7月29日(日)は実施

2日間で1万人以上の踊り手が参加する「河童ばやし踊りパレード」が見どころ。そのほか、「よさこい鳴子踊り」「牛久ハッピー音頭踊り」などのパレードや、ダンス発表、ライブステージなどのイベントが、牛久のまちを活気と賑わいで彩ります。

牛久市役所、花水木通り、近隣公園 首都圏中央連絡自動車道「牛久阿見I.C」から約30分 JR常磐線「牛久駅」から徒歩で約5分 牛久市観光協会 TEL:029-874-5554

くわしくはこちら

まつりつくばつくば市

8月25日(土)、26日(日)

みんなが参加できる、つくば市最大の夏祭り。大迫力の「ねぶた」や「つくば万灯神輿」が練り歩くパレードは見応えがあり、熱気と跳躍感が会場を包みます。そのほか、各種イベントも開催されます。

つくばエクスプレス「つくば駅」周辺 常磐自動車道「桜土浦I.C」から学園都市方面へ約15分 つくばエクスプレス「つくば駅」から徒歩数分 まつりつくば大会本部(つくば市経済部観光推進課内) TEL:029-883-1111(平日のみ)

くわしくはこちら

八坂神社例大祭取手市

八坂神社例大祭
8月1日(水)~3日(金)

関東三大神輿と呼ばれる勇壮な大神輿の渡御や御神輿の後について囃し立てる底抜け山車、更には江戸里神楽の奉納舞いなどが実施される伝統的な祭礼です。八坂神社は寛永3年(1626年)の創建、御神輿は文政9年(1826年)に造られました。御神輿の渡御は1日、3日の夕刻から実施、約80人の若者に担ぎ上げられ、関東屈指の「荒みこし」といわれています。※2日は中日で、御神輿の渡御はありません。

八坂神社周辺 JR常磐線「取手駅」東口から約10分 取手市八坂神社 社務所 TEL:0297-72-1997

くわしくはこちら

土浦キララまつり土浦市

土浦キララまつり
8月4日(土)・5日(日) 13:00〜21:30

目抜き通りを中心に、霞ヶ浦までを巻き込んで土浦市中がおまつりムード。七夕おどりコンテストや、市民による山車が勇壮と街を練り歩きます。土浦ならではの催しも多数!

土浦駅西口目抜き通り、霞ヶ浦ほか 常磐自動車道「土浦北I.C」から約12分 JR常磐線「土浦駅」すぐ 実行委員会 TEL:029-824-2810

くわしくはこちら

からかさ万灯土浦市

からかさ万灯
8月15日(水)

五穀豊穣・家内安全を祈願し、奉納される仕掛け花火で、直径5m、高さ6mのからかさ(傘)の形をした仕掛けから花火が滝のように流れ落ちる様は、まさに圧巻です。また、花火の点火前には、雨乞いの囃子などが奉納されます。

鷲神社(土浦市大畑1181) 常磐自動車道「土浦北I.C」から下妻つくば方面へ約5分 JR常磐線「土浦駅」西口からバス約20分(関鉄藤沢小前下車) 土浦市観光協会 TEL:029-824-2810

くわしくはこちら

まい・あみ・まつり阿見町

まい・あみ・まつり
8月4日(土)・5日(日) 15:00〜21:00

平成2年から始まったこの祭りは、今年で29周年を迎えて町の真夏のイベントとして定着しています。7月から各地区で夏祭りが行われ、盛り上がりをみせていたふるさとの夏は、この「まい・あみ・まつり」で一気に佳境を迎え、祭り一色となります。

まい・あみ特設ステージおよび、まい・あみストリート(県立医療大学南側道路) 常磐自動車道「桜土浦I.C」から約30分 JR常磐線「土浦駅」からバス約25分、JR常磐線「荒川沖駅」からバス約15分 実行委員会 TEL:029-888-1111(内線303)

くわしくはこちら

あゆみ祭りかすみがうら市

7月15日(日) 11:00〜20:00

今年は特別ゲスト「もえあず」が参戦。ステージでは踊りや戦隊ヒーローショー、広場ではグルメブースの出店があり、湖上では観光帆引き船合同操業、Eボートレースと多くの催しが行われます。湖上打ち上げ花火が夜空を彩りフィナーレを飾ります。※荒天時は7月16日(月・祝)に順延

歩崎公園 常磐自動車道「土浦北I.C」から国道354号経由で約40分 JR常磐線「神立駅」から無料循環バスで約25分 実行委員会 TEL:029-897-1111

くわしくはこちら

小張松下流綱火つくばみらい市

綱火
8月24日(金)

つくばみらい市に伝わる国指定重要無形民俗文化財の伝統的な祭りです。柱を立て網を張り巡らせ、笛鼓などのお囃子にあわせて花火を仕掛けた人形や船を操り、芝居を演じます。火難を払い五穀豊穣を祈願するもので、夏の夜空に仕掛け花火と人形が浮き出る様子は、迫力とともに歴史を感じさせます。

小張愛宕神社 常磐自動車道「谷田部I.C」から10分 TX「みらい平駅」からタクシーで約5分。みらい平駅と会場間の無料シャトルバス運行あり つくばみらい市観光協会(産業経済課内) TEL:0297-58-2111(代表)※平日8:30〜17:15

くわしくはこちら

高岡流綱火つくばみらい市

8月26日(日)

市内には二流派の綱火が伝承されており、ひとつが高岡地区の愛宕神社例祭で奉納される高岡流綱火、もうひとつが小張地区の愛宕神社例祭で奉納される小張松下流綱火です。花火を持った演者が歩き回り、境内一面を火花の海にする高岡流に、ストーリー性を重視するといわれている小張松下流。違いを楽しむのも一興です。

高岡愛宕神社 常磐自動車道「谷田部I.C」から10分 TX「みらい平駅」からタクシーで約6分。みらい平駅と会場間の無料シャトルバス運行あり つくばみらい市観光協会(産業経済課内) TEL:0297-58-2111(代表)※平日8:30〜17:15

くわしくはこちら

石岡のおまつり石岡市

9月15日(土)〜17日(月・祝)

関東三大祭の一つともいわれている常陸國總社宮の例大祭。大神輿をはじめ、総勢40台以上もの山車・幌獅子が勇壮に市内を練り歩きます。毎年40万人以上の観光客で賑わい、茨城県指定無形民族文化財の石岡囃子が町を盛り上げます。

JR常磐線石岡駅前および石岡市中心市街地 常磐自動車道「千代田石岡I.C」から国道6号経由で約10分 JR常磐線「石岡駅」から徒歩すぐ 石岡市観光協会事務局(石岡市観光課内) TEL:0299-43-1111

くわしくはこちら

結城夏祭り結城市

結城夏祭り
7月15日(日)〜22日(日)、31日(火)

出御:7月15日(日) 中日:7月18日(水) 還御:7月22日(日) 夏越祭:7月31日(火)

1242年より現在まで継承される、結城市を代表する夏祭り。正式には「健田須賀神社夏季大祭」と言います。お神輿が氏子町内を渡御し、18日の中日は万燈神輿渡御や子供みこしパレードなどで大変賑わいます。31日は夏越祭大祓式(輪くぐり)が行われます。

結城市北部市街地および健田須賀神社 圏央道「五霞I.C」から約40分 JR水戸線「結城駅」から徒歩約10分 結城夏祭り実行委員会(健田須賀神社) TEL:0296-32-2956、結城市観光協会事務局(商工観光課内) TEL:0296-32-1111(内線218)

くわしくはこちら

さかいふるさと祭り境町

7月14日(土)、7月21日(土)

7月14日(土)は「第33回利根川大花火大会」が行われます。関東最大級の2万2千8百発で内閣総理大臣賞受賞の3大花火師による夜空の饗宴をお楽しみください。21日(土)には、神輿渡御、ブラスバンド、踊りパレード、キャラクターショーなど歩行者天国での各種イベントが行われます。 利根川河川敷、境町内旧大通り 圏央道「境古河IC」から約10分 JR東北本線「古河駅」から朝日バス境車庫行き約40分(境町役場入口下車すぐ)、東武スカイツリーライン「東武動物公園駅」から朝日バス境車庫行き約40分(境町役場入口下車すぐ) 実行委員会(観光協会内) TEL:0280-81-1319

くわしくはこちら

岩井の夏まつり坂東市

岩井の夏まつり
7月27日(金)、28日(土)

7月27日(金)は実施
7月28日(土)は台風12号接近のため中止

子ども神輿、八坂神社神輿渡御が行われ、岩井商店街が活気付きます。また、歩行者天国が行われ、様々なイベントを開催予定です。※歩行者天国 18:00〜22:00

坂東市岩井商店街 圏央道「坂東I.C」から県道20号経由で約10分 東武アーバンパークライン「愛宕駅」から茨城急行バス「岩井行き」約30分 坂東市観光協会 TEL:0297-20-8666

くわしくはこちら

ふるさとまつり連合渡御下妻市

ふるさとまつり連合渡御
7月28日(土) 17:00〜21:00

台風12号接近のため中止

地域を代表する神輿、山車が集まり、勇壮な姿に日本の伝統文化を感じることができます。※予備日 7月29日(日)

下妻市役所千代川庁舎および周辺 常磐自動車道「土浦北I.C」から約50分 JR関東常総線「宗道駅」から徒歩で約10分 下妻市商工観光課 TEL:0296-44-0732

くわしくはこちら

どすこいペア筑西市

9月2日(日) 9:00〜21:00

筑西市の特産品である「梨」の収穫を祝って行われていた「梨相撲」にちなんだお祭り。今年度のゲスト力士は、御嶽海関(出羽海部屋)です! 日中はちびっ子相撲や腕相撲大会などのイベントやステージ発表が開催されるほか、青空市や物産展もひらかれ、夜はお神輿とお囃子の競演が楽しめます。この日限りの梨狩り体験もお楽しみに。

筑西市役所関城支所 圏央道「常総I.C」から国道294号経由で約20分
北関東自動車道「桜川筑西I.C」から約40分
JR水戸線「川島駅」からタクシーで約10分
関東鉄道常総線「黒子駅」からタクシーで10分
筑西市観光協会 TEL:0296-20-1160

くわしくはこちら

くわしくはこちら

大潮祭神栖市

大潮祭
7月28日(土)・29日(日)

江戸時代中期から行われてきたといわれる、海上安全、地域繁栄を祈願する勇壮で躍動的な祭りです。御輿は、神社から波崎漁港など波崎東部地区を練り歩きながら、時には激しくもみあい、暴れ御輿としても知られています。沿道の大勢の人々からは威勢のいい掛け声が飛び交い、夏本番を告げる祭りは最高潮を迎えます。 手子后神社・大潮祭鳴り物は、神栖市の無形民俗文化財に指定されています。

手子后神社 東関東自動車道「潮来I.C」から国道124号経由約40分 JR総武本線「銚子駅」から関東鉄道バス「波崎海水浴場行き」で約10分 手子后神社社務所 TEL:0479-26-3302

くわしくはこちら

潮来祇園祭禮潮来市

潮来祇園祭禮
8月3日(金)~5日(日)

市内天王山(てんのうさん)に鎮座する素鵞熊野神社の例大祭です。祭礼中は、大人形を飾った絢爛豪華な14台の山車が、街中を潮来囃子(県指定)の演奏とともに賑やかに巡行致します。山車及び飾り物・彫刻は、江戸から明治にかけて制作されたものが多く、当時の匠の技や、伝統文化が伺え、中には県指定有形民俗文化財に指定されているものもあります。

潮来市潮来地区(JR潮来駅周辺) 東関東自動車道「潮来I.C」からすぐ JR鹿島線「潮来駅」下車 潮来市産業観光課 TEL:0299-63-1111

くわしくはこちら

鉾田の夏まつり(鉾神社御例大祭)鉾田市

鉾田の夏まつり
8月24日(金)~26日(日)

400年以上の古い歴史を誇る鉾田の夏祭り。鉾神社には中央に大己貴命、左殿に武甕槌命、右殿に日本武尊命の三柱の大神が奉られており、無病息災、交通安全、五穀豊穣の願いをこめて、毎年8月最終金、土、日の3日間、神輿1基・山車8台が市内を練り歩きます。

鉾田市街地 東関東道「鉾田IC」から県道18・2号経由5km10分 鹿島臨海鉄道「新鉾田駅」から徒歩10分 鉾田市観光協会 TEL:0291-33-2111

くわしくはこちら

IBARAKI SUMMER 2018 夏のいばらき大特集

IBARAKI SUMMER 2018 夏のいばらき大特集

エリア別おすすめスポット
大子・常陸太田エリア
県西エリア
水戸・笠間エリア
つくばエリア
土浦・阿見エリア
北茨城・高萩エリア 日立エリア ひたちなかエリア 大洗・鉾田エリア 鹿島・神栖エリア