映画『天心』


フィルムコミッション いばらきのロケ地を訪ねて

映画『天心』

映画・天心

北茨城にて晩年を過ごした岡倉天心をモデルにした映画『天心』。2013年、誕生150周年を記念し、天心の生涯を追った映画の制作が進められています。日本近代美術の父とも言うべき岡倉天心。1863年に横浜で生まれ、27歳で東京美術学校の校長に・・・。そこでは、天心と共に五浦で新しい日本画の確立に奮闘する横山大観らも学んでいました。その後天心は1898年35歳で東京美術学校を退き日本美術院を創立。しかし、西洋絵画の技術を日本画に取り入れようとする新しい試みは、世間から批判を受け、うまくいきませんでした。次いで1905年、天心は五浦(北茨城市)の別荘を改築し六角堂を建設。院の再起を賭け、横山大観・下村観山・菱田春草・木村武山ら4人の画家たちを呼び寄せました。当時は「美術院の都落ち」と揶揄されることもありましたが、4人の画家たちは天心の指導の下、優れた作品を残し、日本美術史に大きな足跡を残しました。

book of tea

天心の代表作『THE BOOK OF TEA(茶の本)』はニューヨークで出版。欧米人に日本人の精神を説きました。

ukiyoe

天心草稿『浮世絵概説』。北斎や歌麿などの浮世絵に相思の深かった天心ならではの草稿です。

若草号に乗る天心

愛馬に乗った天心。着ているのは天心が考案した東京美術学校の制服です。

ゆかりのスポット・六角堂(北茨城市)

六角堂

芸術家・岡倉天心が自ら設計した朱色が美しい建物。「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。そこからの眺めと太平洋の波の音を楽しみながら、天心は思索にふけっていたといいます。

東日本大震災の津波により流失しましたが、2012年4月にみごと復活を遂げました。その後2012年度のグッドデザイン賞を受賞し茨城の復興の象徴となっています。

ゆかりのスポット・茨城県天心記念五浦美術館(北茨城市)

岡倉天心の業績や人物像を一般に広めることを主な目的とし、日本画をメインに展示を開催しています。天心記念室は常設展示で、天心の生涯・業績などを紹介。館内には、天心と同じ気持ちで五浦の海を眺めながらのんびり読書を楽しめるフリースペースや、カフェテリアも用意されています。屋外にも展望広場などがあり、美術品鑑賞だけでなく波音とともに心安らげる美術館です。

茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県北茨城市大津町2083
住所 茨城県北茨城市大津町椿2083
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館、翌日休館)、
年末・年始
入館料 企画展:企画展ごとに設定
所蔵品展:一般180円
(岡倉天心記念室のみの観覧は所蔵品展の料金)
お問い合わせ TEL:0293-46-5311
ホームページ http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/

こちらもオススメ・船頭料理天心丸(北茨城市)

漁師が営む、新鮮な海の幸が味わえるお店です。店主自ら漁に出て仕入れてくる北茨城の海の幸!人気は大きな切り身でご飯がどこにあるのかわからないくらいの海鮮丼。マグロ・有頭エビ・アジ・ホッキ貝など10種類程度の獲れたて魚介が盛りだくさん!「みっくす天丼」は鯛や鯛の卵など天ぷらには珍しい食材や自家製の野菜などを使用。イカはまるごと一杯を揚げてしまう豪快っぷり。味も量も大満足で常連さんが多く通う人気店です。

船頭料理天心丸
船頭料理天心丸
船頭料理天心丸
船頭料理天心丸
船頭料理天心丸
茨城県北茨城市大津町五浦782
住所 茨城県北茨城市大津町五浦782
営業時間 【平日】11:30~14:30、17:30~21:00
【日・祝】11:30~19:30
定休日 月曜
お問い合わせ TEL:0293-46-7801

前のページへ戻る