常陸秋そばフェスティバル


常陸秋そばフェスティバル里山フェア

常陸秋そばフェスティバル 里山フェア

「常陸秋そば」は、茨城が全国に誇るブランド品種。香り、味わいに優れ、通をも唸らせるほどの逸品です。1978年に旧・金砂郷町(常陸太田市)の在来種から高品質種が選抜され、育成されました。その後は県内各地で栽培されるようになり、常陸太田市、常陸大宮市、稲敷市、土浦市、筑西市、結城市、下妻市などが主な産地になっています。合わせて「そばまつり」も各地で開催されています。常陸秋そばは、まさに秋の茨城の風物詩です。

平成28年11月12日(土)、13日(日) 10:00〜15:00 山吹運動公園(常陸太田市) 常陸太田市新宿町1 ※会場の近隣には専用駐車場はありません。駐車場をご利用の方は臨時駐車場をご利用下さい。 一般社団法人 常陸太田市観光物産協会 0294-72-8194 主催:常陸秋そばフェスティバル里山フェア実行委員会 / 一般社団法人 常陸太田市観光物産協会 / 常陸太田市

常陸秋そばの“故郷”とあって注目度が高く、各地から大勢の観光客が訪れます。

常陸秋そばの“故郷”とあって注目度が高く、各地から大勢の観光客が訪れます。

県内外の全国のそばも味わえるのが魅力的。

県内外の全国のそばも味わえるのが魅力的。

健康にもバツグンの常陸秋そば

常陸秋そばは石臼びきの十割そばや、二八そばで食べると、独特の香りやのど越しが引き立ち、格別です。また、そば粉をこねて作った蕎麦がきも美味です。そばは栄養価が高く消化率が優れているタンパク質が豊富に含まれています。中でも、高血圧や動脈硬化に効果のあるルチンを多量に含んでいます。江戸時代から庶民に愛された健康食品であり、消化が早いため、せっかちな江戸っ子たちのファーストフードとしても普及しました。

自分でこねて、自分で打つ。そして味わう、最高のそば打ち体験。

自分でこねて、自分で打つ。そして味わう、最高のそば打ち体験。

アクセスマップ

いばらき秋の味覚