ひたちなか市とほしいも


グッといばらきMotto知りたい国営ひたち海浜公園
ひたちなか市とほしいも

22

茨城では那珂湊が最初に生産

茨城県の特産品といえば「ほしいも」。全国の9割以上が茨城県で生産されています。その茨城県の中でもっとも生産率が高いのが、ひたちなか市です。そもそも、ほしいもは江戸時代に現在の静岡県で誕生しました。それが明治時代後半になると、那珂湊(なかみなと・現ひたちなか市)に伝わり、生産が活発になったのです。水はけの良い砂地を含んだ土壌がサツマイモの生育に適しことや、漁師たちの副業にピッタリだったことなどが理由で発展しました。

23

ご当地ほしいも「丸ほしいも」

一般的なほしいもは蒸したサツマイモをスライス状にした「切干し」が一般的ですが、茨城県ならではのご当地ほしいもと言えば、蒸した原料芋を丸々干した「丸ほしいも」です。切干しいもに比べ厚い分、乾燥にかかる期間が2倍~3倍もかかるため生産量は極めて少なく、希少で高級です。その分、甘さと柔らかさは切干しよりもワンランク上の味わい。ひたちなか市那珂湊に訪れた際にはぜひ味わってほしい一品です。

ほしいもいばらき

茨城県の特産品といえば「ほしいも」。全国の9割以上が茨城県で生産されています。当然ながらさつまいも(かんしょ)の栽培も盛んで、栽培面積・生産量はなんと全国第2位!!しかも、ほしいも以外の焼きいも・加工品・スイーツ・お土産などもたくさんあるのです。今回の特集では、いばらきのさつまいものさまざまな情報をお知らせいたします。その奥深い世界に触れてみてください。

特集ページ「ほしいもいばらき」はこちら

  • アイキャッチ
  • 国営ひたち海浜公園
  • ショッピング
  • 那珂湊おさかな市場
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL
  • ほしいも
  • ひたちなか海浜鉄道
  • 温泉