大洗の四季「常陸鍋」


大洗の四季「常陸鍋」

あんこう鍋が名物の大洗町では、冬だけでなく四季を通じて鍋料理が楽しめます。総称して「常陸鍋」シリーズと呼ばれています。どの季節の鍋にも、地元・大洗や常陸国(茨城県)の魚介類、肉類、野菜が素材として使われています。

鯛の梅つみれ鍋

鯛の梅つみれ鍋

春の常陸鍋は「鯛の梅つみれ鍋」。おめでたい魚の代名詞である鯛も、大洗の特産物。冬から春は旬を迎え、さらに桜の季節に産卵を前にした鯛は、「桜鯛」とも呼ばれ1年で一番おいしいとされています。これに常陸国に欠かせない梅を加えてつみれにします。地元で採れた野菜も入れて、梅の香りが広がるつみれ鍋の完成です。

ほっき貝と地魚のしゃぶしゃぶ

ほっき貝と地魚のしゃぶしゃぶ

大洗の夏といえば、ほっき貝が旬。地元では“うばっ貝”と呼ばれて親しまれています。そんなほっき貝をメインの素材にしたのが、夏の常陸鍋シリーズ「ほっき貝と地魚のしゃぶしゃぶ」。特製だし汁の中には夏の地魚や地場産の野菜もたっぷり入っており、ほっき貝を食べると、貝本来の旨味と甘味が広がります。

しらすの白波鍋

しらすの白波鍋

しらすも大洗の特産で、ご当地キャラ「アライッペ」はしらすをモチーフにしています。とくに「秋しらす」は、越冬のために脂分が多くなり、春とは異なる美味しさになります。この秋しらすがたっぷり入った「しらすの白波鍋」。まるで、白波に見立てたメレンゲとヤマイモの上を、そよそよと泳いでいるようです。

あんこう鍋

あんこう鍋

大洗、そして茨城県を代表する「あんこう鍋」。特徴的な風貌の深海魚ですが、肝・皮・エラを含めて「食べられないところはない」と言われるほど、どの部位も美味。大洗のあんこうは、豊富なプランクトンを食べているだけあり、市場価値も高いです。しょうゆベースの上品な味わいの鍋や、味噌仕立ての濃厚な鍋など各店で独自の味を楽しめます。

「大洗観光協会」公式サイトはこちら

アクアワールド茨城県大洗水族館の魅力
いばらきの海で 磯あそび
話題沸騰中!大洗町イメージキャラクター 「アライッペ」に注目!
B級グルメの宝庫! 大洗~那珂湊 エリア
那珂湊おさかな市場&ヤマサ水産&森田水産
大洗が舞台のアニメ ガールズ& パンツァー

グッといばらき Motto知りたい大洗水族館(大洗町)へ戻る