筑波山の奇岩&パワースポット


筑波山の奇岩&パワースポット

筑波山を登る楽しみのひとつが奇岩&パワースポット巡り。これらは古来より人々の信仰を集めてきたもので、お参りした結果、実際に願いが叶ったという人も多いとか。奇岩のネーミングの由来などを知ると、さらに面白くなります。

弁慶七戻り

猛者と恐れられた弁慶でさえ、頭上の岩が今にも落ちそうで七戻りしたといわれている奇岩。今に至るまで落ちてこなかったのが不思議です。

猛者と恐れられた弁慶でさえ、頭上の岩が今にも落ちそうで七戻りしたといわれている奇岩。今に至るまで落ちてこなかったのが不思議です。

高天原(たかまがはら)

神々が住む高天原の名前が付けられている奇岩。階段を登った先には、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る稲村神社があります。

神々が住む高天原の名前が付けられている奇岩。階段を登った先には、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る稲村神社があります。

母の胎内くぐり

岩を母の胎内に見立て、これを抜けることで生まれた姿に立ち返ることを意味した奇岩。ただ、大人が抜けるのはちょっと無理。

岩を母の胎内に見立て、これを抜けることで生まれた姿に立ち返ることを意味した奇岩。ただ、大人が抜けるのはちょっと無理。

陰陽石(いんようせき)

二つの奇岩を、相反する陰と陽に見立てています。見上げてみると、けっこう大きな岩と気付きます。

二つの奇岩を、相反する陰と陽に見立てています。見上げてみると、けっこう大きな岩と気付きます。

出船入船(でふねいりふね)

出てゆく船と入ってくる船が並んでいるように見えることから名付けられました。船の神を祀っています。

出てゆく船と入ってくる船が並んでいるように見えることから名付けられました。船の神を祀っています。

裏面大黒(りめんだいこく)

大黒様が大きな袋を背負っているように見えることから名付けられた奇岩。

大黒様が大きな袋を背負っているように見えることから名付けられた奇岩。

北斗岩(ほくといわ)

北斗星のイメージから名付けられた奇岩。ここにも小さな社があります。

北斗星のイメージから名付けられた奇岩。ここにも小さな社があります。

大仏岩(だいぶついわ)

女体山頂近くにそびえ立つ高さ15mの巨岩。大仏のような大きさということで名付けられました。

女体山頂近くにそびえ立つ高さ15mの巨岩。大仏のような大きさということで名付けられました。

ガマ石

「ガマの油売り口上」の伝承してきた初代・永井兵助は、この岩にいたガマの様子を見て口上を思いついたといわれています。

「ガマの油売り口上」の伝承してきた初代・永井兵助は、この岩にいたガマの様子を見て口上を思いついたといわれています。

セキレイ石

セキレイ(鶺鴒)とは鳥の名前。この石の上に止まったセキレイが、男女の道を教えたという逸話が残っています。

セキレイ(鶺鴒)とは鳥の名前。この石の上に止まったセキレイが、男女の道を教えたという逸話が残っています。

紫峰杉(しほうすぎ)

男女川源流にそびえ立つ、樹齢800年の杉の巨木です。間近で見ると、大地から溢れ出るパワーのようなものを感じます。

男女川源流にそびえ立つ、樹齢800年の杉の巨木です。間近で見ると、大地から溢れ出るパワーのようなものを感じます。

男女川源流(みなのがわ げんりゅう)

御幸ヶ原から徒歩1分の場所に、筑波山の山頂から流れる男女川の源流があります。この源流は、陽成天皇が百人一首で詠んだことでも有名です。

御幸ヶ原から徒歩1分の場所に、筑波山の山頂から流れる男女川の源流があります。この源流は、陽成天皇が百人一首で詠んだことでも有名です。

大石重ね

筑波山神社で買うことができる願い石(初穂料300円)。これに願い事を書き入れ、山頂近くにある大石重ねに置くと、願いが叶うと言われています。

筑波山神社で買うことができる願い石(初穂料300円)。これに願い事を書き入れ、山頂近くにある大石重ねに置くと、願いが叶うと言われています。

立身石

かつて間宮林蔵が少年時代に祈願したところ、幕臣として名を成し、間宮海峡の発見につながったといわれています。出世のご利益があると人気のパワースポット。

かつて間宮林蔵が少年時代に祈願したところ、幕臣として名を成し、間宮海峡の発見につながったといわれています。出世のご利益があると人気のパワースポット。

筑波山の魅力
筑波山に登ってみよう
筑波山神社
仲見世 in 筑波山
筑波山の植物
筑波山周辺の湯

グッといばらき Motto知りたい筑波山(つくば市)へ戻る