笠間稲荷神社


笠間稲荷神社

笠間稲荷神社

商業と観光の街・笠間に鎮座する笠間稲荷神社。日本三大稲荷のひとつです。日本全国から参拝客が訪れ、その数はなんと年間350万人。そして正月三が日には、80万人以上の参拝客が訪れ、茨城県で第1位を誇ります。ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもち、一般に「お稲荷様」として親しまれている神様です。「稲に宿る神秘的な精霊」、つまり食物の神様として崇められています。食という人間が生活を営むためになくてはならない根源的な役割を担っているということから、人間の活力、つまり仕事にも影響を顕すとして、殖産興業の神としての信仰も広がりました。そんなお稲荷様のお力で、笠間の街は商業や農業分野において恵まれているのかもしれません。

笠間稲荷神社の御本殿は江戸末期の建築で国の重要文化財に指定されています。施された見事な彫刻は必見です。

笠間稲荷神社の御本殿は江戸末期の建築で国の重要文化財に指定されています。施された見事な彫刻は必見です。

境内の藤棚は樹齢400年に及ぶもので県の天然記念物です。毎年5月ごろになると、藤棚が鮮やかな紫色に染め上がります。

境内の藤棚は樹齢400年に及ぶもので県の天然記念物です。毎年5月ごろになると、藤棚が鮮やかな紫色に染め上がります。

秋には「笠間の菊まつり」が行われ、大変な賑わいとなります。「神事 流鏑馬」や「舞楽祭」など催しものも様々。

秋には「笠間の菊まつり」が行われ、大変な賑わいとなります。「神事 流鏑馬」や「舞楽祭」など催しものも様々。

年末年始の行事予定

12月28日(水) 日中 鹿島祓
12月31日(土) 午後4時30分 大祓式
1月1日(日) 午後5時 歳旦祭
1月3日(火) 午前8時 元始祭
1月5日(木) 午前10時 釿始式
1月10日(火) 午後1時 末社 事比羅社 初事比羅祭
1月22日(日) 午前11時 御本殿畳奉納奉告祭
1月24日(火) 午前10時 愛宕神社例祭
1月25日(水) 午前10時 末社 菅原神社 初天神祭
1月26日(木) 午後1時 防災訓練

笠間稲荷神社に参拝に来たら行きたい! 仲見世MAP

①仲見世 丸井

仲見世 丸井

手焼きの稲荷せんべいに注力するお店。使うのは茨城の美味しい水と美味しいお米!生地も天日干しにこだわり、丁寧かつ丹念に焼き上げるせんべいは人気の商品です。

②胡桃饅頭 吉田屋

創業から70年以上。笠間稲荷名物の胡桃入りまんじゅうは、皮が厚めで黒糖のコクと香りが人気の商品!しっかりとした甘みがまんじゅう好きにはたまらない逸品です。

③ラ・ミディ Le midi

ナチュラルウェアや雑貨・タオルギフトなどを扱うお店。南欧風の空間が広がる店内には、カフェスペースも完備。商店街を歩き疲れたらここでひと息つくのもオススメです。

④きむらや

いな吉君が有名な、稲荷寿司のお店です。当店は昔ながらの味を出そうと、油揚げの味にこだわっています。牛すじのうどん・そばは、自家製のため、絶品の味です。

⑤仲見世 佐野屋

主に焼き物を多く扱っているお店。笠間焼の陶器はもちろんのこと、信楽焼のたぬきや招き猫など、縁起物や携帯ストラップなど様々なお土産がずらりとそろっています。

⑥仲見世 玉起屋

真っ白な陶器に目を奪われるお店。白皿や瓶子などの小物から、外宮など多くの神具を取り扱っています。お店の一押しは縁起物のふくろうグッズ!おやきも販売中。

⑦菓子 たちばな

いまや笠間名物となったバター饅頭!店先の台で上下から一気に焼き上げると、バター饅頭の濃厚な香りが漂います!「こしあん」と「カスタード」があります。

⑧門前酒場マルトミ

世界中から厳選したワインは約100銘柄。グラスワインも日替りで用意しています。毎日変わるフードメニューは、おつまみからパスタまで、充実したラインナップ!

⑨土産 ほんまや

ここでは300種類以上のお土産品を取り揃えています。特製きのこ茶をはじめ、人気のいなり饅頭やいなり味噌、笠間の作家さん手作りの納豆鉢など、様々な商品をご用意!

⑩笹目宗兵衛商店

笠間が誇る地酒・松緑の酒造。こだわりの松緑は、甘・辛・酸・苦・渋の五味がほどよく調和した逸品です。職人が造る銘酒から自分好みの一本を見つけてみては?甘酒ソフトはオススメ!

⑪御菓子処 松島

松島を代表する銘菓は稲荷ゆべし。上品なしょうゆの香りとみりん風味のお餅の中に、胡桃をたっぷりと使用しています。お餅と胡桃が見事に融合した美味しい和菓子です。

笠間稲荷神社

住所 茨城県笠間市笠間1
駐車場 あり
代表的な御神徳(御利益) 五穀豊穣、商売繁盛
お問い合わせ TEL:0296-73-0001

「笠間稲荷神社」ホームページ