注目ツアーで笠間を満喫!レポート笠間発見伝!


笠間発見伝

自作の一日ツアー体験記

『笠間発見ツアーズ』が企画・実施する笠間市周遊ツアーなら、四季折々の笠間を感じながら笠間ならではの観光スポットを無駄なく巡ることができます!例えば、若い女性に人気の座禅や写経を体験できるパワースポット巡りや、陶のアロマランプを作るものづくり体験など、楽しい内容がいっぱいです。中でもお勧めなのが、ものづくり体験コース『笠間で自作の一日』!お箸づくり、蕎麦打ち、蕎麦猪口・箸置きづくりを1日で体験できます。まずはお箸を作り、そのお箸で自分で打ったお蕎麦を食べるという流れ!最後には笠間焼まで自分で作ってしまうのですから、これこそ笠間を有意義に満喫できるツアーです。ほとんどのコースに専用タクシーや、周遊バスのフリーパスが付いているので足の心配もいりません。2名より参加できるので、この秋は友達や家族を誘って笠間に遊びに来てはいかがですか?きっと楽しいこと間違いなし。自作の作品と思い出という2つの宝物が手に入ります。

マイ箸を作ろう!

マイ箸を作ろう
マイ箸を作ろう

最初はこんな状態。四角形の長い木材をナイフとカンナを使って六角形のお箸を目指します。

マイ箸を作ろう

台の上に木材を置いてナイフで削っていきます。2本のお箸を同じ様に削るのは大変!

マイ箸を作ろう

仕上げに胡桃の油で艶を出します。胡桃の油だから口に入れても安心です。

杉・楢・桜・花梨など8種類の木材の中から好きなものを選んでマイ箸作りにチャレンジします。木材それぞれに、色や硬さ、香りなどの特徴があり、好みに合わせて選びます。今回は、お箸にはちょっと珍しい、胡桃の木を選びました。日本三大稲荷のひとつといわれる笠間稲荷神社は別名『胡桃下稲荷』とも呼ばれます。その名の通り、創設当時には胡桃の木が群生し、その大樹の下にお稲荷様が祀られていたのだそうです。ご利益がありそうですよね。

常陸秋そばDEそば打ち体験

そば打ち体験
そば打ち体験1

蕎麦粉とつなぎは7:3。これを指を使って満べんなく混ぜ水を差します。水加減が重要!

そば打ち体験2

力を込めて粉を練ったら、麺棒を使って薄く四角くなるように延ばしていきます。

そば打ち体験3

薄く延ばしたら、折りたたんで裁断します。細く均等に切るのは難しい!

お箸を作った後は、蕎麦打ち体験。自分で打ったお蕎麦を、さっき作ったばかりの自作のお箸でいただきます!農協直売所や宿泊施設が整う『クラインガルテン』の蕎麦処。ここでは、笠間産の常陸秋そばを使用した挽きたて・打ちたて・ゆでたてのお蕎麦が自慢です。もちろん、蕎麦粉は店内にある石臼で挽いたもの。その常陸秋そばを使って蕎麦打ちを楽しみ、そして食べることができるのです。自分で作ったお箸とお蕎麦で、どんな出来栄えでも大満足です。

マイ箸で自作そばを食す!

マイ箸で自作そばを食す
マイ箸で自作そばを食す1

大きなお鍋で茹でるので美味しくなるのだとか。冷水で締めて艶とコシを出します。

マイ箸で自作そばを食す2

天ぷらは白紋油という大豆からとった油で揚げているので、サックサクです。

マイ箸で自作そばを食す3

これだけ豪華な天ぷらをつけてもプラス600円です。

打ったお蕎麦はすぐに茹でてもらって食べることができます。もちろんお持ち帰りもOK。でもやっぱり、作ったばかりのお箸も、打ったばかりのお蕎麦も試してみたくなります。野菜天ぷらなら300円、海老天なら600円で追加可能。大豆油で揚げたサクサクの天ぷらと自作のお蕎麦を食べ、これまた自作のお箸を眺めながら得も言われぬ満足感に浸ることができます。蕎麦どころのお隣には、野菜直売所もあるので、天ぷらで使用された地元産の野菜もお土産にできます。

笠間焼で蕎麦猪口を作ろう

蕎麦猪口作り
蕎麦猪口作り1

ロクロで蕎麦猪口づくり。先生に教えていただきながら、自分好みの蕎麦猪口に。

蕎麦猪口作り2

指を使って表面をきれいにならします。意外と難しいんですよ。

蕎麦猪口作り3

色は18色もあるんです。色を選ぶだけでもワクワクしてきます。

自作のお蕎麦を食べてお腹いっぱいになったら、今度は陶芸体験です。ここで体験するのは、ロクロを使った蕎麦猪口作りと、手びねりで作る箸置き作りです。お世話になるのは老舗窯元の桧佐陶工房。ロクロ体験では4㎏、どんぶりなら4つぐらい作れる量の粘土を使用します。ロクロでの作業は繊細さと集中力を必要とします。静かに回るロクロと、わずかな力で生き物のように姿を変える粘土。非日常的な体験の中にも、心落ち着かせる何かがあるのが陶芸の魅力なのかもしれません。

マイ箸のための箸置きメイク

箸置きメイク
箸置きメイク1

体験工房の隣にあるお店の商品を見て参考に。イメージを膨らませてからいざ!

箸置きメイク2

なかなかイメージ通りにはいきません・・・でも、ついつい夢中になってしまいます。

箸置きメイク3

完成!コレ、鯨です。いいんです、楽しくできれば♪挑戦してみたくなったでしょ。

蕎麦猪口ができたら、今度は箸置き作りに挑戦。手びねりで作ります。ひと握りほどの粘土で自由に創作。2~3個作るのが目安です。子供の頃の粘土遊びのようなノスタルジックな想いにふけりながら、楽しく作業。でも、内心穏やかでない部分も・・・。だって、自作のお箸が乗る箸置きですから!己の持てる技術と創造力を駆使し、一塊の粘土と向き合います。センスと手先の器用さが問われる意外に圧力を感じる場ですが家族や友人と楽しむのには最適です。

「笠間発見伝」のお申し込みは、笠間観光協会まで。

「笠間発見伝」はこの他にも、笠間市内を満喫できるさまざまなコースが用意されています。

笠間観光協会のホームページはこちら

観光いばらきでは、県内の旅行商品を下記のページでまとめてご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

漫遊空間・いばらきを巡る旅

手ひねり体験
ロクロ引き体験
笠間焼の店コレクション