水戸・笠間エリア

茨城県の県庁所在地、水戸市は、水戸黄門として知られる徳川光圀公ゆかりの地として有名です。セントラルパークに次いで、都市公園としては世界第2位の敷地面積を誇る偕楽園は、春の梅、秋の萩だけでなく、涼を感じる孟宗竹林など夏もオススメ。

ここに注目 笠間工芸の丘

笠間市

笠間工芸の丘

笠間工芸の丘は、笠間焼を制作できる体験教室をはじめ、陶芸品の常設展示、ゆったりとくつろげるカフェラウンジ、お土産コーナーなどがあります。

茨城県笠間市笠間2388-1北関東自動車道「友部IC」より約6分0296-70-1313

 

あそぶスポット

偕楽園

水戸市

偕楽園

金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられる『偕楽園』。江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。

水戸市常磐町1-3-3JR常磐線「水戸駅」よりバスで20分偕楽園公園センター 029-244-5454

茨城県立歴史館

水戸市

茨城県立歴史館

1974(昭和49)年に開館した茨城県立歴史館は、歴史博物館と文書館の機能を併せ持つ施設として、茨城の原始古代から近現代までの歴史が常設展示されています。

水戸市緑町2-1-15常磐自動車道「水戸IC」から約15分JR常磐線「水戸駅」北口4番乗場から[桜川西団地行]バスに乗車、[歴史館偕楽園入口]下車すぐ029-225-4425

千波湖

水戸市

千波湖

水戸市民の憩いのオアシスとして親しまれている千波湖は1周約3kmのひょうたん型の湖です。

<

茨城県水戸市千波町常磐自動車道「水戸IC」から約25分JR常磐線「水戸駅」よりバスで5分水戸観光協会 029-224-0441

茨城県陶芸美術館

笠間市

茨城県陶芸美術館

東日本で初めての陶芸専門の県立美術館です。近代陶芸の祖ともいわれた板谷波山、人間国宝・松井康成など、日本陶芸界の最高峰作品が一堂に展示されています。

笠間市笠間2345北関東自動車道「友部IC」から10分JR常磐線「友部駅」からタクシー、または「かさま観光周遊バス」で20分 / JR水戸線「笠間駅」からタクシーで5分0296-70-0011

花火・まつり

水戸黄門まつり花火大会

水戸市

水戸黄門まつり花火大会

速射連発や創造花火、特大スターマイン、ワイドスターマイン、ミュージックスターマインなど約4,500発の花火が千波湖の湖上や湖畔から打ち上げられます。湖面に映る逆さ花火も楽しめます。

8月4日(金) 19:30〜20:30千波湖水戸観光コンベンション協会 029-224-0441

水戸黄門まつり

水戸市

水戸黄門まつり

市内のメインストリートを中心として、10数台の山車が参加する「山車巡行」、10数基の神輿が勇ましく競い合う「神輿連合渡御」、約3,400人の市民が熱気あふれる踊りを披露する「市民カーニバルinMITO」、タレントも参加する「水戸黄門パレード」など多彩なイベントが繰り広げられます。

8月4日(金)~6日(日)水戸市内各所水戸観光コンベンション協会 029-224-0441

笠間のまつりねぶた

笠間市

笠間のまつり

本場青森の迫力あるねぶたから市民手作りの色鮮やかな光のオブジェまで多くのねぶたと跳ね人や神輿でにぎわうパレード。笠間の夏を彩る恒例の祭りです。

8月19日(土) 18:00~21:30笠間ショッピングセンター ポレポレ周辺(実施本部:市営荒町駐車場)実行委員会 0296-77-1101

周辺マップ

IBARAKI SUMMER 2017 夏のいばらき大特集

エリア別おすすめスポット
大子・常陸太田エリア
県西エリア
水戸・笠間エリア
つくばエリア
土浦・阿見エリア
北茨城・高萩エリア 日立エリア ひたちなかエリア 大洗・鉾田エリア 鹿島・神栖エリア