茨城で巡る映画「永遠の0」関連スポット


永遠の0を茨城でもっと楽しもう

茨城で巡る映画「永遠の0」関連スポット

予科練平和記念館(阿見町)

東洋一の航空基地といわれた霞ヶ浦海軍航空隊が設置され、「海軍の街」として名を馳せた阿見町。昭和14年には神奈川県横須賀から海軍飛行予科練習部(予科練)が移転し、阿見町は予科練習教育の最重要拠点となりました。

空へ憧れ、パイロットになりたいという夢を胸に、この街で青春時代の全てを厳しい訓練に費やした少年たち…。

時代に翻弄された彼らの真実を紹介する記念館です。

「予科練」とは…?

「永遠の0」にも登場する予科練。 これは海軍飛行予科練習生の略称で、若い内から基礎訓練を行い、航空機の熟練搭乗員を多く育てたいと旧海軍が設置した制度で、14歳~17歳の非常に優秀な少年たちが入隊しました。入隊者15万人のうち2万4千人が戦地へ赴き、1万9千人が亡くなりました。映画「永遠の0」のように特攻隊員として出撃したものも多くいました。

予科練平和記念館
1 万5千点以上の資料を展示。その多くは元予科練生や御遺族から寄贈されたもの。

1 万5千点以上の資料を展示。その多くは元予科練生や御遺族から寄贈されたもの。

予科練入隊時の試験や訓練内容、家族への手紙、当時の街の様子など展示。

予科練入隊時の試験や訓練内容、家族への手紙、当時の街の様子など展示。

展示物や映像の放映を用い、予科練かれ当時の生活まで、戦時中の事実を分かりやすく伝えています。

展示物や映像の放映を用い、予科練かれ当時の生活まで、戦時中の事実を分かりやすく伝えています。

予科練平和記念館 企画展のお知らせ

第6回テーマ展

「~海軍将校を目指す教科書~海軍兵学校と予科練」

2013年12月17日(火)~2014年3月2日(日)

予科練平和記念館に寄贈された資料の中から、広島県江田島にあった海軍の士官学校である海軍兵学校の教科書を中心に、勉強の内容や予科練への影響、関わりなどを解説します。

チラシをダウンロード(PDF)

所在地 茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸5-1
利用可能時間 9:00~17:00(入館は16:30 まで)
料金 大人500 円(団体 400 円)、小人300 円(団体 240 円)
休日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
12月29日(日)~1月3日(金)
問い合わせ先 TEL:029-891-3344

くわしくはこちら

内原郷土史義勇軍資料館(水戸市)

昭和12年、国内の農村不況を打開するため、満蒙開拓青少年義勇軍の制度が創設。内原訓練所が開設され、厳しい開拓農営営農に耐えるための基礎訓練が行われました。その当時を伝える資料館です。

内原郷土史義勇軍資料館写真
所在地 茨城県水戸市内原町
開館時間 9:00~16:45
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末・年始
入館料 無料
問い合わせ先 TEL:029-257-5505

日本農業実践学園(水戸市)

本学園の初代校長である加藤完治氏が青少年の満州開拓の必要性を進言したこと、本学園が諸条件を満たしていたことにより、内原に満蒙開拓青少年義勇軍の訓練所置かれることとなりました。

日本農業実践学園
所在地 茨城県水戸市内原町1496
開館時間 9:00~16:45
休日 土日祝祭日
問い合わせ先 TEL:029-259-2002(平日9:00~16:00)

鯉淵学園農業栄養専門学校(水戸市)

「農と食」に携わる全ての産業で貢献できる人材を養成する専門学校です。本学校がある場所に、戦時中は満蒙開拓青少年義勇軍の幹部訓練所と指導員養成所が建てられていました。

鯉淵学園農業栄養専門学校
所在地 茨城県水戸市鯉淵町5965
問い合わせ先 TEL:029-259-2811

保立食堂(土浦市)

明治2年創業。戦時中は予科練の指定食堂として営業し、2階の座敷が家族との面会場所になっていました。当時、予科練は指定食堂以外での食事は禁止されるなど、厳しく制限されていました。

保立食堂
所在地 茨城県土浦市中央1-2-13
営業時間 11:00~19:00※水曜日は14:00まで
定休日 不定休
問い合わせ先 TEL:029-821-0151

霞月楼(土浦市)

明治22年創業。第26、27代連合艦隊司令長官・山本五十六をはじめ、多くの偉人が訪れた老舗料亭です。「屋形船・霞月丸」では霞ヶ浦の壮大な景色と共に洗練された会席料理を味わえます。

霞月楼
館内では貴重な歴史資料を見ることができる。
館内では貴重な歴史資料を見ることができる
所在地 茨城県土浦市中央1-5-7 中城倶楽部
営業時間 11:00~14:00 L.O.、17:00~20:00 L.O.
定休日 火曜日
問い合わせ先 TEL:029-822-2516

吾妻庵総本店(土浦市)

明治38年創業。戦時中には予科練指定食堂として賑わいました。予科練生だけでなく、山本五十六連合艦隊司令長官や、戦後は吉田茂元首相なども訪れています。当時から変わらない間取りで懐かしい雰囲気の中、予科練生が愛した味を楽しめます。

吾妻庵総本店
5代目店主・青柳昌利さん。戦時中に使っていた丼は現在のもとより小さめで、予科練生は、2杯は食べたという。
5代目店主・青柳昌利さん。
所在地 茨城県土浦市中央1-6-11
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日
問い合わせ先 TEL:029-821-0161

小林パン店(土浦市)

明治時代後期に創業し、東京からパンを購入して販売していました。昭和7年から霞ヶ浦海軍航空隊へ納めるパンを焼き始めました。土浦一歴史あるベーカリーで、お店のオススメは懐かしい味のカステラパン。このたび、当時納めていたパンを「航空パン」として復刻、販売を始めました。

小林パン店
航空パン 1斤250円 ※2013年1月17日現在
予科練パン
所在地 茨城県土浦市大手町4-17
営業時間 8:00~19:00
定休日 日曜日・祝日
問い合わせ先 TEL:029-821-0149

戻る

関連ツアーは終了しました。