2013年化粧直しの竜神大吊橋 13年ぶりに壁画がリニューアル


2013年化粧直しの竜神大吊橋 13年ぶりに壁画がリニューアル

鶴岡和輝さんが描いたカラフルな竜。20代のデザイナーだけあって若い感性が表現されています。

鶴岡和輝さんが描いたカラフルな竜。20代のデザイナーだけあって若い感性が表現されています。

本州一の長さを誇る歩行者専用大吊橋

まるで空を歩いているような感覚に浸れる竜神大吊橋。長さ375メートルと、歩行者専用としては本州最長のつり橋です。このつり橋は竜神川をせき止めた竜神ダムの上に架けられたもの。ダム湖面からの高さは100m。橋の上からの眺めは絶景です。そして、橋を渡ったところには「木精の鐘」(もりのかね)があり、鳴らすと澄んだ音色が竜神峡にこだまします。この鐘を鳴らすと幸福になれるということから、カップルにも人気です。

カラフルな竜の壁画にリニューアル

竜神大吊橋を支える両岸の橋台には、竜をモチーフにした壁画が描かれています。2013年4月、入口側の壁画が13年ぶりにリニューアルしました。タイトルは「みずにもえたつ」で、カラフルな竜が躍動する様子は、まさにポップアート。壁画をデザインしたのは、東京都調布市のデザイナー鶴岡和輝さん。常陸太田市が公募し、全国から集まった120点の中から選ばれました。対岸の壁画も、お盆休みに合わせてリニューアル予定です。

常陸秋そばも味わえる物産センター

竜神大吊橋の入口にある水府物産センターには、地元の物産品が豊富に販売されています。人気なのは、砂糖を固めて作った駄菓子、玉さしみこんにゃく、凍みこんにゃく、まんじゅうなど。2階のレストランでは、つり橋を眺めながら、地元の食材をふんだんに使った料理を味わえます。とくにオススメは常陸秋そば。常陸太田市の名産であるだけでなく、茨城が全国に誇るブランド品種です。歯ごたえも香りもよいのが特徴です。

これこそ竜神大吊橋の醍醐味、空中散歩。眼下には雄大なスケールの竜神峡が広がります。

これこそ竜神大吊橋の醍醐味、空中散歩。眼下には雄大なスケールの竜神峡が広がります。

鳴らすと幸福になれるという「木精の鐘」。カップルだけでなく、ファミリー客にも人気。

鳴らすと幸福になれるという「木精の鐘」。カップルだけでなく、ファミリー客にも人気。

トレッキングコースを登ると赤岩展望台に到着。ここから眺める竜神大吊橋の全景は感動モノ。

トレッキングコースを登ると赤岩展望台に到着。ここから眺める竜神大吊橋の全景は感動モノ。

茨城が全国に誇る常陸秋そば。これは人気メニューのひとつ「天ざるそば」。

茨城が全国に誇る常陸秋そば。これは人気メニューのひとつ「天ざるそば」。

所在地

〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野2133-6

問い合わせ先

水府振興公社
TEL:0294-87-0375

利用可能時間 8:30~17:00
料金 大人300円 小人200円
駐車場 普通200台
アクセス

【車】常磐自動車道 日立南太田ICより45分
【電車】JR水郡線「常陸太田駅」よりバスで45分、竜神大吊橋下車、徒歩20分

竜神大吊橋についてくわしくはこちら