吉久保酒造(水戸市)


地酒いばらき

水戸光圀公が見出した笠原水道で仕込む地元・水戸っぽに愛されるお蔵元

吉久保酒造(水戸市)

杜氏が丹精込めてじっくりと醸した端麗で優しい吟醸香!日本酒をはじめて飲む人にも是非!

杜氏が丹精込めてじっくりと醸した端麗で優しい吟醸香!日本酒をはじめて飲む人にも是非!

吉久保酒造(水戸市)

1790年に、当時米屋だった当主が、美味い米と美味い水がある水戸に、美味い酒がないのはおかしなことだと、一転して造り酒屋をはじめたのが創業のきっかけ。その当時の想いの通り、いまなお、水戸光圀公が整備をさせた笠原水道の源水を仕込み水に使っています。現在、この吉久保酒造の造る銘酒・一品を醸しだすのは常陸杜氏の鈴木忠幸さん。三代の杜氏から酒造りを学び何年も蓄積したデータと突きつめての仕込みは、分析力によって裏付けされた確かなものです。特に吉久保酒造では酵母を培養させるときに、通常の酒蔵より長時間かけて培養を行います。これは発酵力の強い酵母を作るため。これにより爆発力のある酵母が生まれ、一品独特の辛口の旨口を作り出すのです。一歩間違えれば失敗してしまう、荒馬のような「もろみ」を操りこなすには、鈴木さんと周囲の協力が不可欠です。米本来の旨味を引き出すことに専念した一品は地元で愛される本物の地酒です。

大谷石に囲まれた仕込み蔵。ここで一品が醸される。

大谷石に囲まれた仕込み蔵。ここで一品が醸される。

分業化された吉久保酒造の酒造り。手作業でひとつひとつの作業を丁寧に丁寧に仕込みます。

分業化された吉久保酒造の酒造り。手作業でひとつひとつの作業を丁寧に丁寧に仕込みます。

茨城県水戸市本町3丁目9−5
住所 茨城県水戸市本町3-9-5
問い合わせ TEL:029-224-4111
ホームページ http://www.ippin.co.jp/
備考 ※酒蔵見学は要予約にて受付

銘酒を楽しむのに最適なホテルはココ!

水戸プラザホテル

水戸プラザホテル

森の中の迎賓館!まさにそのコンセプトの通り、国道50号線バイパスから雑木林の中に開かれたようなエントランスを入ると、目の前に突如現れるヨーロピアンクラシックスタイルの建物。ここが、県内でも有数の寛ぎともてなしを約束してくれると評判の水戸プラザホテルです。ホテルの中にも随所に緑を取り入れ、茨城の県庁所在地水戸にあった、自然を愛でながら、開放的でゆとりのある空間を作り上げています。そんな寛ぎとともに味わいたいのは、やはり水戸の銘酒!しかも、特別なホテルにはハレの酒がぴったりです。そんなときは吉久保酒造の一品も楽しめる旬菜和膳よし川がオススメ。しかも、水戸の名物・黄門料理と楽しめば、さらに茨城を満喫できること間違いなしです!!

日本料理部門を束ねる料理長・木村義奉さん!ホテルの味を美味しい地酒で楽しめます!!

日本料理部門を束ねる料理長・木村義奉さん!ホテルの味を美味しい地酒で楽しめます!!

黄門料理は2日前には予約が必要です。ランチは3,150円/ディナーは5,250円です。

黄門料理は2日前には予約が必要です。ランチは3,150円/ディナーは5,250円です。

くつろぎの時間を約束してくれる客室は、どの部屋も静音性に優れ快適そのもの!

くつろぎの時間を約束してくれる客室は、どの部屋も静音性に優れ快適そのもの!

茨城県水戸市千波町2078−1
住所 茨城県水戸市千波町2078-1
問い合わせ TEL:029-305-8111
ホームページ http://www.mito-plaza.jp/
地酒いばらき
吉久保酒造(水戸市)
森島酒造(日立市)
稲葉酒造(つくば市)
木内酒造(那珂市)
西岡本店(桜川市)
石岡酒造(石岡市)