もっと楽しむ!常陸秋そばの名店カタログ


茨城県内には150店を越える常陸秋そばの店が立ち並びます。常陸秋そばの聖地・常陸太田市だけでもその数は50店舗以上!その中には、前述した名店以外にも そばの達人・長坂さんや編集部が絶対にオススメしたい名店がまだまだ数多く存在します。そこで、最後にもっと常陸秋そばを知ってもらい、本場茨城でその味を知ってもらうために…、その中でも選りすぐりの名店を一部紹介いたします。

季節によって味わいが変わる天ざるは1,400円!薬味は使わずそのままで!!

築140年の古民家と200種の山野草が育つ庭。
とびきりのくつろぎ空間で食べるこだわりの十割そば

自然の恵みを感じられるお店。それがここそば処麦家です。140年前に建てられた古民家をリノベーションした母屋。そして四季を感じられる主人手作りの庭園。そんな空間で楽しむことのできるそばは、大地の恩恵を受けた風味豊かなそばの実を石臼で自家製粉し、つなぎを一切使わずに打った十割そば。そばの実はその年のできにより仕入れるため、全てが常陸秋そばに限りません。しかし、雄大なる自然の恩恵を感じられる味です。美味しいそばの三原則「挽き立て・打ち立て・茹で立て」の三立てを実践しています。ちなみに、麦屋のそばは細切りの辛汁という江戸そばです。味の濃い腹の部分の鰹節から、血合いの部分をわざわざ抜いた厚削りの鰹節でとる汁はまさに絶品です。

デザートにおすすめのそばぜんざいは600円。女性にも男性にも人気の逸品です。

四季の移り変わりが楽しめる庭園は主人の手作り。こんなところにもこだわっています。

そば処 麦家
住所 那珂市後台1229
営業時間 11:30~14:00LO
定休日 月曜&第3火曜
(祝日の場合は営業し翌日休)
問い合わせ TEL:029-353-0505
駐車場

 

いまでは常陸太田で1軒だけしか生産しなくなった辛味大根を使った辛味大根そばは750円!

常陸秋そば誕生の地・赤土産のそばで打つ!
期間限定・自家栽培十割そばももうすぐ登場

常陸太田市街に店を構える常陸秋そばの名店・赤土。和食の職人が、常陸秋そばの美味しさをもっと多くの人に伝えたいとはじめました。そば打ちの師匠は、常陸秋そばのアンテナショップそば工房立ち上げに尽力した主人の母親。その伝統的技法を基に和食の料理人らしく徐々に自分流にアレンジを加え、現在の洗練された味にたどり着いたといいます。常陸秋そばでも旧金砂郷地区の聖地赤土のそばにだけこだわった手打ちそばはまさに至極の味わいです。甘めの汁にたっぷりとそばをくぐらせても、その香りが衰えることがないのが特徴です。例年、11月中旬から10日間程度、自家製そばで打った十割そばが提供されます。限定の美味しさ是非味わってください。

ボリューム満点のミニ天丼が付いたAセットは1,100円です。甘めのタレがなんともたまりません。

主人・海老根孝さん!11月中旬には期間限定の十割そばが登場します。要チェックです!!

手打ちそば 赤土
住所 常陸太田市金井町1788-2
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 水曜
問い合わせ TEL:0294-72-2008
駐車場

 

定番のもりはリーズナブルで600円!にのまえの基本を味わえます。この一枚で感動できる美味しさです。

水府地区の農家から直接仕入れる常陸秋そば。
驚くほど高いそばの香りに酔いしれること必至!

常陸太田市の中でも人気のそば生産地のひとつに水府地区があげられます。山の東面に植えられたそばは、寒暖差が激しく良質な常陸秋そばになります。そんな水府のそば農家から直接仕入れたそばを楽しめるのが水戸市にあるにのまえです。そばの名店が並ぶ茨城にあってまだまだ新しい店ですが、そのレベルの高さは県内屈指の美味しさです。辛目の汁に1.4mmという太さにこだわったそばの線。江戸そばのスタイルを踏襲しながらも、常陸秋そばの香りの高さとその味わい深さを絶妙に表現しているのが特徴です。中でも、そばの香りを100%堪能するなら鰹の旨味を加え、醤油を抑えた汁で食べるすけもりがオススメです。この美味しさ、是非ご堪能ください!

にのまえのけんちんそばは野菜をくたくたに煮込まずそれぞれの味を活かした一杯です!

秋限定・天然山採りキノコつけそばはキノコ狩名人が山を歩いて採取した天然ものだけを使用。

手打ちそば にのまえ
住所 水戸市末広町3-7-15
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00
定休日 月曜&日曜夜
問い合わせ TEL:029-303-6058
駐車場

 

1割だけつなぎを使った太打ちのそばは食べ応え十分!けんちんと合わせて召し上がってください。

そばも茨城食材もお腹一杯食べるなら!
農家が営む地元農家産そばを何度でも

常陸秋そばフェスティバルの会場にほど近い常陸太田市下利員。そんな場所にある地元農家の食材だけを使ったビュッフェスタイルのレストラン。それが農家レストランママごはんです。そば通の中でも隠れた人気の理由は、自家栽培した本物の常陸太田市産の常陸秋そばを使っていること。そして、地元で古くから食べられている本物の田舎そばが食べられることにあります。その上、ビュッフェスタイルなのでこのそばも食べ放題なのがとっても魅力的です。ちなみに、地元農家直伝のけんちん汁と組合わせれば即席けんちんそばも楽しめます。そばだけでなく、茨城の恵みを堪能できるお店を選ぶならママごはんがオススメです。

野菜のビュッフェは1,500円!田舎料理を思いっきり楽しめます。

ちなみに、デザートが付いてくるのもママごはんの魅力です。女性をエスコートするにもぴったりです。

農家レストラン ママごはん
住所 常陸太田市下利員728
営業時間 11:00~15:00
※ただし野菜終了し次第終了
定休日 日曜&月曜
問い合わせ TEL:0294-76-1097
駐車場

 

常陸秋そば漫遊記ページ一覧
常陸秋そば 地元の名店に突撃取材! | 美味しいお蕎麦の季節です!常陸秋そば漫遊記 | もっと楽しむ!常陸秋そばの名店カタログ | 常陸秋そばの聖地でそば打ち体験