今年で120回を数える「水戸の梅まつり」。偕楽園には約100品種3,000本もの梅が植えられており、様々な品種があるため「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができます。

刀剣乱舞-ONLINE-
  • 概要
  • 梅について
  • イベントの一覧
  • 偕楽園
  • 弘道館
  • おみやげ情報
  • 周遊バス
  • アクセス

期間平成28年2月20日(土)~3月31日(木)

会場偕楽園・弘道館

料金

偕楽園 入園料無料
好文亭 入館料 200円(小中学生 100円)※団体割引あり
弘道館 観覧料…大人200円(小中学生100円)※団体割引あり ※70歳以上無料
駐車場料金(1日1回)…普通車500円、マイクロバス1,500円、大型バス 2,500円

開園時間

偕楽園 6:00~19:00
※2月19日までは7時~18時まで ※ライトアップ期間(3月4日~3月21日)は21時まで
好文亭 9:00~17:00
※ライトアップ期間(3月4日~3月21日)の平日・日曜日・祝日は18時まで 土曜日は20時まで
弘道館 9:00~17:00
※2月19日までは9時~16時30分まで

[kanren id=”70776″ embed=”on”]

水戸の六名木である月影が咲きはじめました。

水戸の梅まつりの楽しみ方

梅の種類、お教えします。

梅まつりの梅写真

偕楽園には約100品種の梅が存在します。 早咲きの「白難波(しろなにわ)」、中咲きの「虎の尾(とらのお)」、遅咲きの「江南所無(こうなんしょむ)」など、品種名が確定しているものは半分ほどしかないのだそうです。

くわしくはこちら

イベントの一覧

イベントも盛りだくさん!

水戸の梅まつりはイベント盛りだくさん!地元のおいしいものが大集合「黄門様の台所」から「納豆早食い世界大会」まで!夜は「夜・梅・祭」のライトアップで、お洒落な装いを見せる梅の木たちの息づかいが園内に漂います。

今年も開催 梅酒まつり in 水戸

3月4日(金)〜6日(日)

日本三名園のひとつ 偕楽園

偕楽園の魅力

表門から入ると孟宗竹林が広がり、そこを下っていくと弛まなく水が湧き出る吐玉泉、 そして徳川斉昭公が自ら設計を手がけた好文亭と見所満載です。 更に、市民の憩いの場となっている千波湖では白鳥をはじめとした様々な水鳥が優雅に泳ぐ姿を見ることが出来ます。 梅と合わせてお楽しみ下さい。

偕楽園

こちらもおすすめ弘道館

弘道館

「水戸の梅まつり」の時期は、館内が満開の梅で囲まれ絶景になります。一歩入れば、まるで江戸時代にタイムスリップした気分。

弘道館へ

周遊バス&周辺観光スポット

梅まつり周辺も魅力がいっぱい!

周遊バス
水戸市内を無料で周遊「漫遊バス」運行!

水戸市内の観光施設を巡る漫遊バスを、今年も運行いたします!昔懐かしいボンネットバスが水戸の名所を結びます。

くわしくはこちら

アクセス

 

お車の場合

常磐自動車道水戸I.Cより水戸・大洗方面へ向かい、国道50号線経由で約10km。

 

電車の場合

梅まつり期間中は、「偕楽園臨時駅」が開設されます。「偕楽園臨時駅」から偕楽園までは徒歩で約3分です。

 

バスの場合

JR常磐線水戸駅北口4番乗り場もしくは6番乗り場より偕楽園行きバスで約15分「偕楽園前」下車。または北口4番乗り場桜川車庫方面行きバスで約15分「歴史館偕楽園入口」下車。

茨城県水戸市常盤町1-3-3

くわしくはこちら

  • 概要
  • 梅について
  • イベントの一覧
  • 偕楽園
  • 弘道館
  • おみやげ情報
  • 周遊バス
  • アクセス