水戸の梅まつり

水戸の梅まつりの楽しみ方

  • 概要
  • 梅について
  • イベントの一覧
  • 偕楽園
  • 弘道館
  • おみやげ情報
  • 周遊バス
  • アクセス

 

偕楽園
水戸の梅まつり
春の偕楽園

今年で120回を数える「水戸の梅まつり」。会場となる偕楽園は金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられており、江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。

園内には約100品種3,000本もの色とりどりの梅が、その美しさを競い合うかのように咲き乱れています。
様々な品種があるため、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができます。

更に、隣接する千波湖は、白鳥をはじめとした様々な水鳥が優雅に泳ぐ姿を楽しむことができ、市民の憩いの場となっています。
梅の鑑賞と共に寛ぎの時間をお過ごしください。

偕楽園

水戸の六名木

偕楽園の中にある全ての品種を調査・研究し、中でも花の形・香り・色などが特に優れているものを6品種選定。それらを昭和9年に水戸の六名木としました。六名木はそれぞれ六角形の柵で囲われているので、遠目からも目立つものとなっています。その美しさにぜひ酔いしれてください。

  • 烈公梅

    烈公梅

    れっこうばい

    野梅系・野梅性
    開花:1月下旬~2月下旬

  • 白難波

    白難波

    しろなにわ

    野梅系・難波性
    開花:1月下旬~2月下旬

  • 月影

    月影

    つきかげ

    野梅系・青軸性
    開花:2月中旬~3月上旬

  • 江南所無

    江南所無

    こうなんしょむ

    豊後系・杏性
    開花:3月上旬~4月上旬

  • 柳川枝垂

    柳川枝垂

    やながわしだれ

    野梅系・野梅性
    開花:2月上旬~3月上旬

  • 虎の尾

    虎の尾

    とらのお

    野梅系・難波性
    開花:2月上旬~3月上旬

梅の楽しみ方

雄大な自然に囲まれ、訪れる度に毎回違った表情が楽しめる

偕楽園の梅は約100品種。種類によって開花時期が違います。いわゆる「早咲き」(1月中旬~2月中旬)、「中咲き」(2月上旬~3月中旬)、「遅咲き」(3月上旬~4月上旬)と分けられています。
とはいえ、気候によって、咲く時期は変わります。

偕楽園の梅3,000本のうち、品種名が確定しているものは半分ほどしかないのだそうです。現在確認できているものの中で一番多いのが「白加賀」で450本弱。その次が「冬至梅」で150本、そして「八重寒紅」130本と続きます。

上で紹介したように、それぞれ品種によって開花時期が違うといわれていますが、天候、雨量などに大きく作用され、単純に括っても、その通りに推移するわけではないとか。

ですから何度も来て、その都度梅と対話しながら、園内を散策。そんな時間の流れの中で、梅が様々な姿を見せてくれるというわけです。

 

早咲き(1月中旬~2月中旬)

白難波(しろなにわ)

白難波(しろなにわ)

早咲きの代表的な品種は「八重寒紅」「白難波」「八重冬至」「烈公梅」。園内各所に点在していますが、毎年目立って早いのは「東門」から入った東西梅林の中央散策道にある「八重寒紅」、「御成門」そばの「白難波」などです。この時期の楽しみ方が「探梅」です。まだかたい蕾がほとんどの中、ほころんだ梅の花を一輪一輪探しながら散策する楽しみ方です。

中咲き(2月上旬~3月中旬)

虎の尾(とらのお)

虎の尾(とらのお)

中咲きの代表格は「虎の尾」「月影」です。花の輪郭がはっきりした一重の「月影」、柔らかくフワッとした「虎の尾」。西梅林のほか園内に点在、どちらも香りや色が優れているとして、水戸の六名木に指定されています。この時期の楽しみ方は「賞梅」です。春の気配をしっかりと感じることができる日々の中、たくさんの梅が咲きそろった見事なさまを存分に楽しむことができます。

遅咲き(3月上旬~4月上旬)

江南所無(こうなんしょむ)

江南所無(こうなんしょむ)

“は「白加賀」「春日野」「江南所無」などです。園内の随所で見られる「白加賀」。偕楽園の梅の代表選手の一つですが、ゆっくりと咲いて、梅シーズンのラストを飾ってくれます。この時期の楽しみ方は「送梅」です。今年の梅は十分楽しんだけれど、ダメ押しともいえるお楽しみ。遅く咲き始めた梅を、惜しみながら楽しむ方法です。

偕楽園について 詳しくはこちら

 

  • 概要
  • 梅について
  • イベントの一覧
  • 偕楽園
  • 弘道館
  • おみやげ情報
  • 周遊バス
  • アクセス