いばらきのスポーツ施設データファイル: 日立市民運動公園(池の川さくらアリーナ/陸上競技場/野球場/テニスコート)

Bリーグ公式戦の開催実績もあり、平成28年に完成した日立市池の川さくらアリーナをはじめ、社会人日本野球大会の選考対象大会でもあるJABA日立市長杯選抜野球大会の会場にもなっている野球場や陸上競技場などが揃う市民運動公園です。2019年開催の「いきいき茨城ゆめ国体」では、体操(競技・新体操)、バスケットボール、卓球、パンポンの会場として池の川さくらアリーナが、軟式野球の会場として野球場が選ばれています。もちろん「いきいき茨城ゆめ大会」でも卓球・サウンドテーブルテニスの会場としても活用されます。
特徴はなんといっても新設されたばかりの体育館・池の川さくらアリーナです。外観は日立市の特徴である海と山をイメージさせる造形。耐震性にも優れるトラス状の競り上がった天井からは照度を調整できるLED照明が釣り下がります。テレビ中継にも適した明るい体育館として撮影などにも活用可能です。「いきいき茨城ゆめ国体」に合わせ、体操器具を固定する金具も新設。バスケットボールならメインアリーナで3面、サブアリーナで1面を用意可能。卓球ならばメインアリーナで12面、サブアリーナに4面を設けられビッグトーナメントにも対応可能です。
また、一般予約は前月15日から受付を開始しますが、合宿などにも柔軟に対応。事前に施設に問い合わせれば、日程など快く調整してくれます。さらに、有料にはなりますが一般利用者とは異なる専用更衣室をレンタルすることも可能です。 国体デモンストレーション競技にも選ばれ、日立市のローカルスポーツであるパンポンの常設コートがあるのも特徴です。「国体を機会に市外の皆さまにも知ってもらえれば嬉しいです」と教育委員会スポーツ振興課の菊池さんも話します。

Pickup 日立市民運動公園

災害応急対策活動の拠点としても活躍を期待されています。JR日立駅から2kmという距離も魅力で、近隣には宿泊施設も充実。

固定席1,480席に加え、ビッグイベント時には可動式1階アリーナ席(1,152席)も登場。

有料でシャワールーム付ロッカールームもレンタル可能。2部屋セットです。

日立市長杯も開催される野球場。国体開催に合わせスコアボードを新設予定。

400mトラック8コースにサッカーコートやラグビー場も併設する陸上競技場。

駐車場の脇にはパンポンの常設コートが3面用意されています。

アリーナ2階には外周を整備したランニングコースを併設。アップにも最適。

付帯設備

トレーニング室 スタジオ サウナ室 スチーム室
浴室 アイスバス ミーティングルーム セキュリティ及び警備員
チーム管理事務所 応急処置室 専用医務室 リラックスルーム
マルチメディアルーム レストラン-カフェ マッサージ室 理学療法室
専用利用可 敷地内宿舎-アクセシビリティ 空調設備機能 非公開練習対応可
送迎サービス Wi-fi 救急搬送受入施設隣接 ユニーバサル仕様
夜間練習用照明設備      

施設区分

体育館 プール 陸上競技場 水上競技場
サッカー場 野球場/ソフトボール場 テニスコート トレーニングルーム
その他 弓道場/武道場(多目的室)      

池の川さくらアリーナ諸元表

施設面積(全長) 61m 競技面積(全幅) 65m 通路最少幅 2000mm
施設面積(全幅) 125m 天井高 14m 入口最小幅 900mm
競技面積(全長) 36.6m 最大照度 1500lux 競技床 木製
多機能トイレ数 3 エレベーター数 1 ライン マーキングテープ

 

日立市教育委員会スポーツ振興課/菊池さん

施設の先行予約は基本的に「いばらき公共施設予約システム」をご利用ください。利用日の前月1日から7日までに入力頂き、抽選を行います。また、国体など大会前の事前合宿でのご利用をお考えのときは池の川さくらアリーナに直接お問合せください。

おすすめ周辺観光SPOT

御岩神社

施設より13.7km

茨城を代表するパワースポットのひとつがここ御岩神社です。常陸国最古の霊山とも名高い御岩山は山全体が神域。なんと188柱もの神々が祀られています!いにしえより篤い信仰を集め、江戸時代には徳川光圀をはじめ水戸藩の藩主が代々参拝する祈願所でもありました。大事な試合に臨む前に、ここ御岩神社で必勝祈願!

くわしくはこちら

道の駅日立おさかなセンター

施設より11.2km

せっかく日立市に来たならば、お土産をゲット!ここ道の駅日立おさかなセンターに足を運べば、地場の美味しいお土産が手に入ります。目の前には太平洋、久慈漁港!つまり、ここに並んでいるのは新鮮なお魚ばかり。さらに、干物など海鮮加工品も充実しています。食事処も充実しているので、昼食や夕食に立ち寄るのもオススメ。

くわしくはこちら

日鉱記念館

施設より10.0km

学生をはじめ、社会科見学を兼ねてぜひ立ち寄っていただきたいのが日鉱記念館。工業都市として発展してきた日立市の基礎であり、日本の経済成長と近代化において大きな役割を担った「日立鉱山」の跡地につくられた記念館です。歴史を学ぶことはもちろん、鉱山坑内を再現した展示や、実際に使われていた重機やドリルも見学できます。

くわしくはこちら

鵜来来の湯十王

施設より13.3km

スポーツ後の汗を流すのにもってこいなのが日帰り入浴施設。日立市内には温泉も湧いており、ゆったり浸かれば疲労回復にも◎です。日立市の北部、鵜の岬公園の一角にある鵜来来の湯十王は、ウミウが飛来することでも有名な景勝地を望みながら天然温泉に入浴することができます。周辺はウォーキングやランニングにもオススメ。

くわしくはこちら

日立シビックセンター

施設より2.6km

JR日立駅からすぐ近くに位置する日立シビックセンター。音楽ホールや多用途ホールに加え、屋内トレーニングルームや貸し会議室も備えており便利に活用できます。また、併設する科学館は子どもにうってつけ!遊びながら科学のふしぎを学べます。空き時間に、天球劇場(プラネタリウム)で気分転換、癒やされるのもいいですね♪

くわしくはこちら

おすすめ周辺グルメ

久慈浜しらす

日立市の誇る美味しい魚介!それが「久慈浜しらす」です。その名の通り、日立市南部に位置する久慈浜(久慈魚港)で水揚げ。日立市が認証する地域ブランドにも名前を連ねている、日立市を代表する美味です!久慈浜エリアの水産加工技術は特に高水準。釜揚げはもちろん、漁師町ならではの生しらすは絶対に味わって欲しい逸品です♪

味勝手丼

道の駅日立おさかなセンターの名物グルメ味勝手丼!施設内でもっとも広い面積を誇る「あかつ水産」で食べることができます。ずらりと並んだ魚介の中から、好きな具材を好きなだけ丼に盛り付けて…自分だけの海鮮丼が完成!彩りよく旬の素材を選ぶもよし、自分の好きなネタで埋め尽くすもよし♪もちろん、味と鮮度は保証します!

口福あんこう

茨城の冬の味覚を代表するのが「あんこう」。県央エリア~県北エリアの漁師町では、時期になるとあんこう鍋を提供する店が多数。中でも、日立市では日立沖で獲れた地物のあんこうを「口福あんこう」とブランド化してその美味しさを広めています。身はたんぱくで脂肪が少なく、コラーゲン豊富で実はヘルシー!例年11月〜3月頃がシーズンです。

周辺宿泊施設

地図