いばらきのスポーツ施設データファイル: プレイアトレ土浦(ロードバイク(自転車)レンタル/サイクルカフェ)

JR土浦駅ビルが生まれ変わって誕生したプレイアトレ土浦は、日本最大級の体験型サイクリングリゾートです。その中には、全長180kmを誇るサイクリングコースつくば霞ヶ浦りんりんロードの筑波エリアと霞ヶ浦エリアを結ぶハブステーション的な存在の『りんりんスクエア土浦』をはじめ、イタリアの老舗自転車メーカーBianchiとコラボしたサイクルスタンド完備のサイクルカフェやサイクリスト向けロッカールーム、更衣室やシャワールームも用意されています。『りんりんスクエア土浦』内のル・サイクでは、電車に乗って目的地まで行って、自転車を組み立ててサイクリングを楽しむ『輪行』を楽しむための基礎知識を学ぶ『輪行講座』や『パンク修理講座』などのワークショップも定期的に開催されています。
また、『りんりんスクエア土浦』最大の特徴は何と言っても3つのプランと豊富な車種から選べるレンタサイクルです。
注目はなんといっても1Fル・サイクで受付を行っているレンタサイクル!多様な車種も魅力ですが、中でもSHIMANO製の電動アシスト機能を備えた自転車・E-bikeをレンタルできます。もちろん、ロードバイクやクロスバイクも用意。しかも、最新モデルがどんどん追加されるというから驚きです。ヘルメットやグローブのレンタルもあるので初心者にも最適。他にも、B1FのGIANTのクロスバイクやBianchiのミニベロを中心に自由な時間に無人レンタル可能なレンタサイクル「ハローサイクリング」。そして、GIANTを中心に選べる、つくば霞ヶ浦りんりんロードエリアで乗り捨て可能な広域レンタサイクル。自分のスタイルに合わせて好きなレンタサイクルを選ぶことが可能です。
2018年第1弾オープンではりんりんスクエア土浦のある1FとB1Fのみのオープンですが、2018年11月には2F&3F北ゾーンに‘1時間早くきたくなる日本一の駅待合所’を目指して『STATION LOBBY TSUCHIURA』がオープン予定。2019年5月に地元茨城の人気ショップを集めた『LOCAL FOOD MARKET』が、そして最終第4弾オープンとして2019年秋に『CYCLING HOTEL(仮)』が開業して完成予定です。

つくば霞ヶ浦りんりんロードの拠点となるりんりんスクエア土浦内のル・サイク。

レンタサイクルには注目の新車やE-bikeなど選択肢も豊富。GWなど人気の日は全車貸し出しになってしまうかもしれないので注意。

ル・サイクとカフェの間に設けられた斜線スペースはポップアップストアをはじめ、輪行の際に車両組み立てにも使えるフリースペースです。

りんりんスクエアにはつくば霞ヶ浦りんりんロードを知り尽くしたサイクリングコンシェルジュが常駐!

りんりんスクエア内のカウンターにはサイクリスト向けMAPはもちろん観光案内のパンフも充実。

店内は自転車とともに移動可能。店内を貫くブルーのラインはバイクを押して歩けるガイドラインです。

りんりんスクエア土浦では工具の無料貸し出しも行っています。レンタル希望のときはスタッフにひと声♪

 

所在地 土浦市有明町1-30
利用可能時間 店舗により異なります
定休日 店舗により異なります
使用料金 ホームページをご覧ください
アクセス お車でお越しの方
常磐道「桜土浦IC」より車で約15分
電車でお越しの方
JR常磐線「土浦駅」より直結
お問い合わせ TEL 029-835-3000
ホームページ https://playatre.com
備考 2018年3月29日に第一弾オープン。2019年冬にグランドオープン予定
プレイアトレ土浦/佐川綾さん

モノ(商品)を販売するスタイルから、コト(体験)を提供する新しいスタイルを目指すプレイアトレ。地域価値の創造を目的に街とともに成長していきます。週末にはサイクリングイベントを開催。地元との連携なども図っていきます。

おすすめ周辺観光SPOT

つくば霞ヶ浦りんりんロード

施設より0.3km

都心から約1時間!霞ヶ浦(西浦)湖畔線と旧筑波鉄道跡地の級つくばりんりんロードをつなげた、全長約180kmのサイクリングコースです。霞ヶ浦周辺は自動車などの交通量も少なく集団走行初心者にも最適で、筑波山周辺は1本道を外れればすぐにヒルクライムを楽しめる健脚コースを作れます。今後、延伸も計画されている注目のサイクリングロードです。

くわしくはこちら

霞ヶ浦観光帆引き船

施設より0.7km

霞ヶ浦の夏を彩る伝統的な漁風景です。高さ9mにもなる大きな帆を広げ、風を全面に受けて舟を横向きに走らせます。帆に結ばれた糸の先にはワカサギやシラウオを獲るための網が仕掛けられており、風とバランスしながら船体が湖面を滑るように網を曳く。その姿は未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選にも選ばれました。

くわしくはこちら

ラクスマリーナ

施設より0.7km

霞ヶ浦でマリンスポーツを楽しむならこのラクスマリーナがおすすめです。また、遊覧船ホワイトアイリス号は帆引き船が出港する季節には帆引き漁を間近で見れる専用運航も実施されます。また、土浦港-潮来港間を自転車とともに片道だけつくば霞ヶ浦りんりんロードを楽しめるサイクルーズも人気です。

くわしくはこちら

かすみキッチン

施設より15.2km

自転車の街・かすみがうら市のベースキャンプ。独自のレンタサイクルはもちろん、自転車を使ってかすみがうら市を満喫する自転車パッケージツアー・ライドクエストも人気です。中でもレストラン部門を担うかすみキッチンはサイクリストにも嬉しいメニューを豊富に用意。手ぶらBBQなども用意されており、地元食材を美味しく楽しめます♪

土浦全国花火競技大会

施設より2.5km

大正14年にはじまった全国有数の花火の競技会です。霞ヶ浦海軍航空隊の殉職者の慰霊と関東大震災後の地元商店街の復興のためにはじまりました。平成12年からは最も優秀な花火師に内閣総理大臣賞が贈られています。秋田県大仙市の大曲の花火や長岡まつり大花火大会と並んで日本三大花火大会と称されています。

くわしくはこちら

おすすめ周辺グルメ

土浦カレー物語

昭和4年に当時世界最大級の飛行船ツェッペリン号(ドイツ)が寄港した際に、地元住民が船員をじゃがいもがたっぷり入ったカレーでもてなしたことにはじまる土浦市とカレーの関係!現在は市内外の数多くのお店でオリジナルのカレーを用意。11月には土浦カレーフェスティバルも開催され、カレーの街として美味しいカレーがあふれる街になっています。

佃煮

霞ヶ浦で水揚げされるワカサギや川海老を手間ひま惜しまずに醤油で煮込んだ佃煮が土浦市の名物です。諸説ありますが、醤油を紫というのは紫峰の愛称で知られる筑波山を指すともいわれています。そんなことからも分かる通り、昔から有名な醤油蔵のあった土浦で佃煮が盛んに作られるようになったのは当然のこと。皇室献上品を作る佃煮屋さんも健在です。

レンコン

全国に出荷されているレンコンの約半分が土浦市とその周辺で生産されています。肥沃な土壌と安定した水温が肉厚なのに繊維が細かくシャキッとした食感のレンコンを産み出します。そんなこともあって、市内にはレンコン料理やレンコンを使ったスイーツが溢れています。まさにレンコンの可能性を探れる街!本場で美味しいレンコンを!!

周辺宿泊施設

地図