旅のCAFE VOL.20『天心が出会った五浦』2012年12月8日(土)開催!

今回の旅のCAFEは、「旅のCAFE×いばらきデザイン巡り」です!
いばらきデザインフェア2012が、いばらきの「産地・モノづくり」とそれらを取り巻く「歴史」や「海辺」を巡る、をテーマに、2012.11.1-2013.1.20まで開催されています。
天心が愛した”五浦”、多くの人の希望の光となっている”六角堂”、震災で流失してしまった六角堂は、創建時の姿に復元され「被災者に勇気や希望与えた」とグッドデザイン賞も受賞しています。
天心は五浦をどう見ていたのか、六角堂の本来の意味とは… この旅のCAFEで、イメージが変わるかもしれません…

くわしくはこちら

 

いばらき旅のストーリー 旅のCAFEについて

私達が行っている「旅のCAFE」は、いわば「ほんのちょっとの旅のかたち」、地域の人たちと交わりながら、気ままに話をしたり、一緒に歩くといったものです。

路地裏、古くからの街並み、四季の移ろい、ちょっとした食など。それらは、大手の観光ブックでは掲載されないか、あるいは欄外に書かれているような部分かもしれません。
でもその中で、自然の神秘、街のやさしさ、歴史の奥深さ、そしてなにより、そこに暮らす人との出会いの楽しさを満喫できるのです。

そこで思うのは、「旅は受身ではつまらない」ということ。自然も、街も食も、旅人の気持ちや動きと相まってこそ、本当の意味や楽しさなどを高める事ができるのだと思います。
そして、旅のワクワクや余韻、旅先で見つけたすてきなコト・モノ・ヒトたちを、WEBやフェイスブックを通しても、より多くの皆様と共感し広がってくれることを願っています。

茨城県は都心からも「ちょっとの旅」で来ることの出来る距離にあります。
茨城県へほんのちょっとの旅。多くの方に味わっていただければと思います。

「いばらき旅のストーリー」プロデューサー 有限会社時の広告社 山本哲士

 

旅のCAFE バックナンバー(過去に開催した旅のCAFE)

VOL.1 「水戸の魅力 ここにも あそこにも」 2011年12月18日(日) 好文カフェ

VOL.2 「あったよこんな魅力も!結城の街に」 2011年12月23日(金) ゆいのわ,茶蔵他(結城市内)

VOL.3 「冬の奥久慈 自分とむきあう旅ごころ」 2012年1月14日(土) リュタン・袋田の滝

VOL.4 「海の街 おさんぽ流儀 海と旧市街の楽しみ」 2012年2月4日(土) まいわい市場,曲がり松商店街他

VOL.5 「人と歴史と伝統と 自分サイズの旅の楽しみ」 2012年2月12日(日) 久野陶園

VOL.6 「文化輝く益子から 魅力を繋ぎ ココロを繋ぐ」 2012年2月25日(土) 陶庫,益子参考館

VOL.7 「神様たちにあえそうな春の日」 2012年3月4日(日) つくば市神郡

VOL.8 「農で伝える いばらきおもてなし心」 2012年3月17日(土) 真竜寺(東京・下北沢)

VOL.9 「大洗商店街を歩く 旅は風情と味のよさ」 2012年3月25日(日) マリンタワー前広場,曲がり松商店街他

VOL.10 「里は美し 春の色」 2012年5月13日(日) 大中神社,若駒つりぼりセンター

VOL.11 「ココガコガ」 2012年6月3日(日) 古河市街,まちなか再生市民ひろば他

VOL.12 「すがおの君が一番で」 2012年6月10日(日) あすなろの里,菅生沼,一言主神社他

VOL.13 「北浦湖畔 芭蕉が観た月」 2012年7月14日(土) 大洋駅,福泉寺,大儀寺,北浦湖畔駅

VOL.14 「イイナ!イナシキ川景色」 2012年7月28日(土) 稲敷郡河内町金江津他

VOL.15 「水戸 いとなみ と まちなみ」 2012年8月26日(日) 水戸市末広町,愛宕町他

VOL.16 「金砂郷 そばの畑に そよぐ風」 2012年9月8日(土) 金砂ふるさと体験交流施設,菊蓮寺,西金砂神社他

VOL.17 「山里 八郷 秋の里」 2012年10月27日(土) 駒村清明堂他

VOL.18 「松林の風、秋の音」 2012年11月4日(日) 金波楼本邸 里海邸他

VOL.19 「鵜の島探検隊」 2012年11月23日(金) 鵜の島温泉旅館

 

各種外部サイト

 公式webサイト
いばらき旅のストーリーwebサイト
公式Twitter
旅のつぶやき @tabinotsubuyaki
公式Facebookページ
いばらきペラペラ旅手帖