清真学園高 県職員向けプレゼン発表会を実施しました。


6月17日(水曜日),昨年度末に開催された関東学生『インバウンド広域観光周遊ルート』旅行企画コンテストのグランプリ受賞を記念して,清真学園高等学校「起業で学ぶ現代ゼミチーム」の皆さまが,県職員向けにプレゼンの発表会を実施しました。

幕末明治の歴史と未来をふまえた茨城からはじまる関東の絹を結ぶ観光ルート提案企画「日仏 絹を結ぶ道 Voyage de soie du Japon」のほか,ローズポークと茨城県産野菜を使った女子高生目線の企画発表が行われ,学生の視点から見る茨城県の魅力を伝えていただきました。

今回発表いただいた中島侑実さん(高校2年生)からは,「魅力度ランキングで茨城県は最下位ですが,魅力がないのではなく,魅力を知られていないだけ」との言葉は,県職員として胸をうつ言葉でありました。

 

くわしくはこちら