阿見町

阿見町

霞ヶ浦の南岸に位置し、土浦市、牛久市、稲敷市、美浦村に隣接しています。町の大部分は平坦な洪積台地で、霞ヶ浦を望む台地には、町の天然記念物にも指定されている巨樹・巨木が多くあります。静かな農村地帯というイメージも大正11年に霞ヶ浦海軍航空隊が開設されたことにより一変し、第2次世界大戦までは、海軍の町として全国的に知られる存在でした。その跡地は陸上自衛隊武器学校、東京医科大学、茨城大学農学部、県立ろう学校などに利用されており、現在は文教都市として発展しました。

あみプレミアム・アウトレット

(阿見町)

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

くわしく見る

桜の名所

(阿見町)

春には、町の木にもなっている桜が町内各所で咲き誇ります。茨城大学農学部や県立医療大学前の通りは、最盛期はまさに桜のトンネルのようです。

雪印メグミルク工場見学

(阿見町)

プロセスチーズやマーガリンを製造する阿見工場。見学コースからの製造工程の見学やVR(ヴァーチャルリアリティ)の技術を活用した視覚体験、チーズの試食などができます。

予科練平和記念館

(阿見町)

昭和14年には、海軍飛行予科練習部いわゆる「予科練」が神奈川県横須賀から阿見に移転し終戦まで全国の予科練教育・訓練の中心的な役割を担うこととなりました。「予科練平和記念館」では、貴重な予科練の歴史や町の戦争の記録を保存・展示し、命の尊さや平和の大切さを伝えています。

くわしく見る

雄翔館・雄翔園

(阿見町)

予科練出身者により設立された記念館。予科練戦没者の遺書・遺品約170点を収蔵、展示しています。雄翔園には予科練之碑・歌碑等があります。

まい・あみ・まつり

(阿見町)

平成2年に始まったお祭りです。町民総参加による町民同士のふれあいの輪を広める交流の場として、毎年夏の風物詩として開催されています。

阿見グリーンメロンスイーツ

(阿見町)

商工会が主催し、町内の菓子店やベーカリー、産直所が参加。阿見町の特産品である阿見グリーンメロンを使用したメロンパンや、メロンの果肉をたっぷり使用したスイーツなどの商品の開発&提供を期間限定で実施。毎年初夏にフェアを開催しています。

ヤーコン料理

(阿見町)

ヤーコンは南米アンデス高原原産で、腸内環境を整えるフラクトオリゴ糖や、抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含むキク科の根菜。阿見町にある茨城大学農学部で、日本で初めて試験栽培されました。ヤーコン料理は、サラダやかき揚げ天・煮物など様々。また、ヤーコンの角切りが入ったブッセやマドレーヌなどもあります。