日立市

日立市

多賀山地の山と太平洋と、豊かな自然に囲まれた日立市は、県北地域の拠点都市として発展を遂げてきました。海岸線には伊師浜、川尻、会瀬、河原子、水木、久慈浜と、それぞれ趣が異なる海水浴場があります。特に、伊師浜海岸の断崖には日本で唯一のウミウの捕獲場があり、隣接する国民宿舎鵜の岬は、展望温泉風呂とサービスの良さで人気の宿です。日立鉱山と日立製作所が工業都市としての形を築きましたが、日鉱記念館や小平記念館などの文化施設で、それら産業の発展の歴史を知ることができます。

日立さくらまつり

(日立市)

50年以上続く歴史あるお祭り。期間中は平和通りにて照明によるライトアップ、そしてかみね公園と十王パノラマ公園では提灯や行灯により風情あるライトアップが実施されます。平和通りとかみね公園のさくらは日本さくら名所100選にも選ばれています。そして、最大の特徴は、山車として国内ではじめて国の重要有形・無形民俗文化財と重要無形文化財に指定された日立風流物。可動、変形する大きな山車と、その上で行われる操り人形(からくり人形)芝居で、平成21年と平成28年にはユネスコ無形文化遺産に指定されました。(開催時期は4月上旬〜中旬)

海水浴場

(日立市)

日立市は、南北に長く変化に富んだ海岸を持ち、毎年海水浴場が開設されています。また、水質の良さ等から環境省の「快水浴場百選」に認定された海水浴場が「伊師浜海水浴場」「河原子海水浴場」「水木海水浴場」と三ヵ所もあります。なかでも「伊師浜海水浴場」は「白砂青松百選」にも選ばれており、毎年多くの人で賑わいます。

かみね公園

(日立市)

園内には、ソメイヨシノなど約1,000本の桜が植えられ、4月上旬から中旬にかけて美しく咲きます。また、ドリームコースター、大観覧車などがある「レジャーランド」、観覧車、メリーゴーランドなどがある「遊園地」、ゾウやキリンなどへのエサやり体験や、ヘビやウサギ、モルモットのふれあい体験ができる「動物園」などもあります。

くわしく見る

日立シビックセンター

(日立市)

プラネタリウム(天球劇場)、遊んで学べる科学館、コンサートなどが楽しめる音楽ホール、図書館等、知的文化活動を満喫できる総合施設。特に、世界に3台のみの「MEGASTAR-IIA(ES)」による天球劇場(プラネタリウム)が必見です。肉眼で見ることができない、1,500万個の恒星まで投影し、リアルで迫力ある映像を楽しむことができます。

日立駅

(日立市)

日立市出身の建築家・妹島和世氏がデザイン監修し、平成24年にグッドデザイン賞を受賞している日立駅。平成26年にはオランダで行われた鉄道業界唯一のデザイン・コンペディション「ブルネル・アワード」駅舎部門で優秀賞にも輝きました。また、駅直結の「シーバーズカフェ」はまるで海に浮かんでいるかのような絶景スポットとして人気です。

道の駅 日立おさかなセンター

(日立市)

久慈漁港など地元水揚げの魚介類を中心に、新鮮でお手頃価格の海の幸が店頭に並んでいます。その時期の美味しい魚や食べ方も教えてくれます。また、購入した海鮮具材を、自分好みにアレンジして作る海鮮丼「味勝手丼」や、その場で焼く「海鮮浜焼き」など新鮮魚を食べられるコーナーも充実しています。毎月第4日曜日には「日立みなとマルシェ」を開催しています。

ひたち国際大道芸

(日立市)

世界の大道芸アーティストが一堂に集うイベント。空中ブランコやアクロバットから、コメディーやパントマイム、ウォーキングアウトなどパフォーマンスは様々。フェイスペイントコーナーやスタンプラリー抽選会、アートマーケットなど内容も充実。また、アーティストと観客が一体になる幻想的な空間を演出する「夜会」も人気です。

口福あんこう

(日立市)

「口福あんこう」は日立のブランドで、吊るし切りが伝統の調理法です。あんこうは、日立沖あいで捕れる秋から早春にかけてが旬となります。日立では、アンコウ鍋はもちろん、あん肝、アンコウの供酢、唐揚げなど多彩な味を楽しめる店がたくさんあります。あんこうのどぶ汁も、人気を呼んでいます。

久慈浜しらす

(日立市)

臭みがなくふんわりやわらかなしらす干しです。水のきれいな久慈浜の海で水揚げされるしらすを、鮮度はもちろん、加工時の水分量、塩分量などにこだわり、口当たりがなめらかで臭みがないよう丁寧に仕上げています。