美浦村

美浦村

茨城県内に残る2つの村のうちのひとつ美浦村。首都圏から70km圏内と近く、茨城県南部に位置し、北部と東部が霞ヶ浦に面しています。国史跡に指定されている縄文遺跡「陸平貝塚」がある『歴史のまち』としても有名です。県内では高品質の米や野菜を生産する『農業のまち』としても有名で、オリジナルブランド米「光一点」や「美浦そだち」など独自の銘柄米を出しています。また、マッシュルームやパプリカの一大生産地としても有名です。そして日本中央競馬会のトレーニング・センターがある『トレセンのまち』としても知られています。

木原城山まつり

(美浦村)

毎年4月の第2日曜日に、木原城址に整備された城山公園で開催されるお祭りです。園内には、約5万本のチューリップが見事に咲き、特設会場で様々なイベントが開催されます。

JRA美浦トレーニングセンター

(美浦村)

国内最大規模の競走馬調教施設

昭和53年4月に開設された美浦トレーニング・センターは、約224万㎡(東京ドーム約48個分)の広大な敷地を有し、その中に南北2つのトラック型調教コース、1,200mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、そして森林馬道といった様々な調教施設があります。常時2,000頭を超える競走馬が、毎日トレーニングを行っています。広報会館「ターフプラザ」は土曜、日曜開館です。

美浦村文化財センター

(美浦村)

陸平貝塚をはじめ村内から出土した考古資料の展示室を備え、体験講座や住民ボランティア活動などの拠点となっている美浦村文化財センター。文化財センターとして開館する前は、遺物の収蔵・整理施設のプレハブ建物でしたが、陸平貝塚などの発掘に参加する多くの学生や研究者が集まり、熱心に調査研究を行っていたことから「陸平研究所」とも呼ばれています。

くわしく見る

みほふれ愛プラザ

(美浦村)

平成29年3月26日オープン!農業の振興と農村コミュニティ向上のため、村民相互のふれあいの施設です。特産品を販売する地域産品直売所や子育てに関する相談や未就学児のお子さんと保護者が気軽に交流できる子育て支援センター、いろんな世代が自由に楽しめる多世代交流サロン・ホールを備え、美浦村の交流と連携づくりが始まります。

陸平縄文ムラまつり

(美浦村)

毎年10月に陸平貝塚で行われるお祭り。土笛づくり、火起こし、弓矢などの縄文体験をはじめ、わら細工や昔の遊び、案山子コンテストなどの民俗体験等を楽しめます。

まちづくり美浦

(美浦村)

「子ども達に素晴らしい地域をのこしたい」そんな思いで若手経営者らが集まり【まちづくり美浦】が誕生しました。第1弾として美浦村特産のマッシュルームやパプリカを使った【カレー】や【スープ】、【アヒージョ】など「みほふれ愛プラザ 地域産品直売所」で販売しています。「美浦村をもっと楽しく、もっと笑顔にするために!」