行方市

行方市

霞ヶ浦と北浦という二つの湖に挟まれた行方市は、その水際が50kmにも及ぶという水に面した市です。チンゲンサイ、ミズナ、セリ、ミツバなどは、行方ブランドとして全国有数の生産量を誇ります。また、湖での漁業も伝統的に行われており、かつて利用されていた帆引き船は観光用として復活し観光客に大人気です。ワカサギ、シラウオ、ハゼなどの佃煮やナマズを使った加工品なども開発され、漁業資源の有効活用も図られています。霞ヶ浦の自然を知ることができる霞ヶ浦ふれあいランドや天王崎公園、やすらぎの森、羽黒山公園などの公園も人気スポットです。

霞ヶ浦ふれあいランド

(行方市)

「水」をテーマに、見て、触れて、遊べるテーマパークです。60mの高さから行方市を一望できる「虹の塔」では、筑波山はもちろん、晴れた日には富士山や東京スカイツリーも見ることができます。「水の科学館」では、私たちの身の回りにある水と科学を交えた展示や、霞ヶ浦に関する資料を用意しています。「親水公園」は、夏に家族連れの方々で賑わい、施設内の水遊び場は子どもたちの絶好の遊び場になります。

くわしく見る

なめがたファーマーズヴィレッジ

(行方市)

廃校になった小学校の跡地を利用し、平成27年10月にオープンした体験型テーマパーク。さつまいもの加工工場ややきいもミュージアムだけでなく、新鮮な地元野菜が購入できるマルシェや野菜たっぷりのヘルシーな料理が楽しめるビュッフェレストランなどもあります。四季おりおりのイベントも開催しており、大人から子どもまでおいしく楽しめる施設です。

西蓮寺

(行方市)

天台宗の西蓮寺は、延暦元年(782)に創設したと伝えられる古刹で、国指定重要文化財の「仁王門」や「相輪橖」をはじめとする、数多くの文化財を持っています。秋には「常行三昧会」が行われます。

くわしく見る

行方市観光物産館こいこい

(行方市)

霞ヶ浦湖畔の好立地にあり、眺めが最高の直売所。行方市の雄大な土地と霞ヶ浦・北浦の恵みから生まれた安心・安全・新鮮な野菜を毎朝生産者の方が届けてくれます。他にも、ここでしか買うことのできない水産物・加工物・季節限定の産物もあります。ご当地限定名物である「行方バーガー」や「白帆焼き」は、こちらで食べることができます。

化蘇沼稲荷神社

(行方市)

御際神倉稲魂命を祀り文明10年(1478)、武田の地の守護神として大掾氏が創祀し、天文3年(1534)、武田氏によって再建されました。夏の例大祭には、「奉納相撲」や「巫女舞」が披露されます。

行方バーガー

(行方市)

パティの正体はあの魚! 素材に個性が光るご当地バーガー

霞ヶ浦で養殖されているコイやナマズをパティに使った、ご当地感たっぷりのオリジナルバーガー。
淡白な味わいのアメリカナマズのカマ肉のパティにケチャップ味のソースをあわせた「なめパックン」と、コイを特製ソースで照り焼き風にしたパティと特産のワサビ菜を挟んだヘルシーな「鯉パックン」があります。

鯉料理

(行方市)

行方市には、全国でも珍しいコイ専門料理店があり、霞ヶ浦産のコイを素材に、あらいやうま煮、唐揚げ、握り寿司、コイこくと、コイづくしのコース料理を提供しています。

紅コガネ

(行方市)

行方産の甘いお芋と中央アルプスの伏流水を使い、時間をかけてスイーツのようにまろやかな芋焼酎に仕上げました。原料のサツマイモは、JAなめがたの協力で仕入れ、米麹にも行方産の米を使っています。ラベルデザインは文化デザイナー学院(水戸市)の作品。名称は、一般公募の中から一番多かった「紅コガネ」を選出しました。