小美玉市

小美玉市

茨城県の中南部、霞ヶ浦の北端に位置し、市の東部には航空自衛隊百里基地と民間共用化した「茨城空港」があり、北関東の空の玄関口として、中国などの国際線をはじめ、札幌、神戸、福岡、沖縄など人気都市を結ぶ重要なアクセスとなっています。また、農業も盛んで、鶏卵の生産量は日本第1位、生乳の生産量県内第1位となっており、畜産大国でもあります。さらに、ヒーリングスポットでもある霞ヶ浦湖岸から、年に数回しか見ることのできない筑波山に太陽が沈む「ダイヤモンド筑波」は、感動の光景です。

ダイヤモンド筑波

(小美玉市)

毎年5月中旬と7月中旬頃見ることができる自然現象。筑波山の頂上付近に太陽が沈む夕景は、あたりを幻想的な雰囲気に包む貴重な瞬間です。

希望ヶ丘公園のコスモス畑

(小美玉市)

希望ヶ丘公園近くの田んぼ一面に、咲き誇るコスモス畑。毎年9月下旬頃~10月中旬頃にかけて見頃を迎える。花の摘み取りもできます。

茨城空港

(小美玉市)

ローコストで使い勝手のよい空港として注目を集めています。なんと、駐車場は何日停めても無料。航空機を間近で見られる展望スペース、レストランもあり、お土産も豊富です。また、茨城空港では様々なイベントが開催されています。

くわしく見る

空のえき「そ・ら・ら」

(小美玉市)

素敵な笑顔にあえる食彩ひろばとして地元小美玉市の豊かな「食」を楽しめます。茨城空港から500mの場所に位置し、直売所、レストラン、ヨーグルトハウスなどをお楽しみいただけます。地域資源やその魅力を生かし、地産地消、交流、地域再生の拠点を目指す地域住民の思いが詰まった場所です。

カゴメ工場見学

(小美玉市)

カゴメの工場見学では、カゴメの歴史や現在生産している野菜ジュースについて学ぶことができます。見学の最後には、試食タイムもあります。

小川祗園祭

(小美玉市)

素鵞神社の祭事で、約480年前に園部城主によって始められたと伝わっており、祇園祭のはしりともいわれるお祭りです。祭りでは山車や獅子が巡行し、賑やかなお囃子が響き渡ります。最終日には神輿が小川地内を練り歩き、多くの見物客が集まります。祇園祭当日は、歩行者等の交通安全を図るため、一部区間で交通規制が行われます。

ふるさとふれあいまつり

(小美玉市)

市内の小・中学生などによるアトラクションや「GENKIステージ」、歌謡ショー、キャラクターショー、ヨサコイソーランなどが行われます。また、市内の各種団体による模擬店「バザール・おみたま」を開催。夕方は「豊年踊り大会」、夜にはフィナーレを飾る「花火大会」が行われます。また祭りの前夜祭も開催されます。