土浦市

土浦市

江戸時代から県南の中心都市として発展した土浦市は全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦の表玄関です。街には、見世蔵や古い商家が点在、土浦城跡は亀城公園として堀や櫓門が残されています。10月の土浦全国花火競技大会は日本三大花火大会の一つともいわれており、全国の花火師たちが日本一を競い、土浦の夜空を華麗に彩ります。農産物として日本一の生産量のレンコンが有名。また最近では、土浦カレーフェスティバルを開催し、カレーでまちおこしを行っています。

土浦全国花火競技大会

(土浦市)

大正14年、霞ヶ浦海軍航空隊殉職者の慰霊、商店街の復興、秋の実りへの感謝と農民への慰労を目的とし、神龍寺の故秋元梅峯住職が中心となって開催したのが始まりです。日本有数の花火大会で、スターマイン、10号玉、創造花火で競われ、3部門の中から最も優れた出品者には内閣総理大臣賞が授与されます。6分間で約2,000発を打ち上げる、大会提供のワイドスターマインは圧巻です。


霞ヶ浦

(土浦市)

霞ヶ浦は、国内第2位の面積を持つ湖で、7月下旬から10月中旬の土日と祝日の午後には、霞ヶ浦の夏の風物詩である観光帆引き船が運航されます。観光遊覧船のホワイトアイリス号やジェットホイルつくば号に乗船すれば、観光帆曳船を間近で見学することができます。霞ヶ浦湖畔には広大な総合レジャー施設霞ヶ浦総合公園があり、体育館をはじめ、レストラン、ネイチャーセンターなど施設が充実しています。

くわしく見る

小町の館

(土浦市)

平安時代の歌人で絶世の美女とうたわれた小野小町伝説が残る地域で、直径7mの水車が館のシンボル。小町の館では、小野小町に関する資料などを展示しているほか、常陸秋そばが味わえます。また、小町の館体験館では常陸秋そばのそば打ち体験等も行われています。


亀城公園

(土浦市)

土浦城の本丸と二の丸の一部を整備した公園。東櫓と西櫓は復元されています。櫓門は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一現存するものです。

くわしく見る

旧制土浦中学校本館

(土浦市)

県立土浦第一高等学校内にあり、明治37年建築。細部のデザインや装飾はゴシック様式で国の重要文化財に指定されています。内部の見学は原則として毎月第2土曜日のみ開催。


土浦カレーフェスティバル

(土浦市)

地元食材で日本一の生産量を誇るレンコンを活用し、カレーでまちおこしを目指して始まったのが、「土浦カレーフェスティバル」。地産地消の考えに基づき、地元産レンコンを使用したオリジナルカレーが楽しめるほか、全国各地からご当地カレー・ご当地グルメが集まり、多くの来場者が訪れる土浦の食の祭典。カレーNo.1を決定する「C-1グランプリ」は、主菜・麺・創作の3部門で行われます。


土浦ツェッペリンカレー

(土浦市)

飛行船ツェッペリン伯号ゆかりのカレーを土浦商工会議所女性会が現代風にアレンジして再現したもの。地元産のレンコンや野菜・茨城の銘柄豚ローズポークなどをじっくり煮込んだ贅沢なカレーです。


レンコン

(土浦市)

土浦市は日本一のレンコンの産地です。夏のレンコン畑に咲く蓮の花は人の目を引く美しさです。市内にはレンコンを加工したお菓子や料理も多数存在し、街全体でレンコンを推しています。