大宝八幡宮

県西

下妻市

関東最古の八幡さま

大宝元年(701)、藤原時忠公が筑紫(つくし)の宇佐神宮を勧請創建したのがはじまりです。天台宗の古い経文の奥書に「治承三年(1179)己亥七月二十二日の未時書了於常陸州下津間八幡宮書了兼智」とあるため、平安末期にはすでに八幡信仰が盛行していたことがわかります。平将門公も戦勝祈願のために度々参拝し、当宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝えられています。 「あじさい祭」や「タバンカ祭」を始め、季節ごと祭事や行事にも多く人が集まります。

まるわかり情報

桜の名所でもあります。

6月の最終土曜日(あじさい祭期間中)には「流鏑馬神事」も斎行されます。

6月中旬には境内の土俵で大相撲の合同稽古も行われます。

Information

  • 所在地・問い合わせ先
    所在地

    茨城県下妻市大宝667

    問い合わせ先

    大宝八幡宮
    TEL:0296-44-3756
    FAX:0296-43-2286

    ホームページ

    http://www.daiho.or.jp/

  • アクセス
    電車・バスで
    関東鉄道常総線「大宝駅」より徒歩3分
    車でのアクセス
    常磐自動車道谷和原インターチェンジより40分
    圏央道(首都圏中央連絡自動車道)常総インターより約20分、坂東インターより約30分、境古河インターより約35分
    駐車場
    神社東の大宝保育園・ゑびすや・なべや菊花園の駐車場が無料で利用可能(約120台)。
    正月は、大宝小学校グラウンド他も臨時駐車場として利用可能。
  • 時間・定休日・料金・利用予約
    時間
    御祈祷奉仕時間 9:00~16:30