保和苑

ほわえん

県央

水戸市

 水戸市にある保和苑は、徳川光圀公(水戸黄門)が寺の庭を愛されて「保和園」と名付けられたことが始まりと言われています。
昭和初期には地元有志により、拡張整備されて純日本庭園になり、名前も「保和苑」となりました。
 昭和25年、桂岸寺より水戸市へ移管されたことにより、昭和36年、地元と市による「保和苑周辺史跡観光連絡協議会」が発足し、運営されています。昭和30年代、苑を拡張してあじさいの植栽が行われました。
初夏になると、1.5haの敷地に、約100種6,000株のあじさいが咲き競い「水戸のあじさいまつり」が盛大に開催されます。

Information

最終更新日時は2022年06月13日です。
最新の料金等は各施設にお問い合わせください。

関連動画